今度は家かよ! 受難続きのジョン・ウィック
 - (C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

写真拡大

 キアヌ・リーヴスが当たり役となった殺し屋役にカムバックする人気アクション第2弾『ジョン・ウィック:チャプター2(原題)』から、大量の敵を瞬殺していくキアヌの壮絶なアクションの一端が確認できる特報映像が公開された。

 キアヌが演じるジョン・ウィックは、裏社会の伝説となっているすご腕の元殺し屋。前作では、亡き妻の遺した犬を殺し、平穏な引退生活を壊したロシアンマフィアを、銃撃とカンフーが融合した “ガンフー”で次々に血祭りにあげていく殺しぶりで大きな話題を呼んだ。

 今回は、前作のラストで出会った犬と平穏に暮らしていたジョンが再び現場復帰することに。愛犬は守ったものの、今度は強大な敵に自宅を破壊され、全ての思い出を奪われた彼が、ヨーロッパを舞台に全世界の殺し屋を相手にした戦いを繰り広げる。

 ジョンが愛犬と歩くカットから始まる特報映像では、殺し屋とのバトルロワイヤル開始を告げるように地下鉄の駅や鏡張りの部屋での肉弾戦、さらにはパーティー会場で次々と敵の頭を撃ちぬいていく容赦ないアクションが展開。前作以上の激しい闘いを予感させる映像のオンパレードになっている。ジョンが「誰が来ようと全員殺す、全員な」と決意表明するシーンも見どころだ。

 さらに、『マトリックス』のモーフィアスことローレンス・フィッシュバーンとキアヌの共演シーンも登場。キアヌに対してローレンスが「引退は無理だとなぜ気づかない」と問いかけるシーンは、『マトリックス』を彷彿させるファン感涙ものの映像に仕上がっている。果たして今作でジョンは何人殺すのか? 彼は愛犬のもとに帰ることができるのか? 前作のメガホンを取ったチャド・スタエルスキ監督が再び描く、新たな復讐劇の幕が上がる。(編集部・入倉功一)

映画『ジョン・ウィック:チャプター2』(仮)は7月7日よりTOHOシネマズみゆき座ほかにて全国公開