小笠原満男に対して縦に仕掛けた興梠慎三。写真では右足がかかっているように見える【写真:松岡健三郎】

写真拡大 (全2枚)

興梠抜きの前半。FWとMFが分裂した浦和

 18日、富士ゼロックススーパーカップが開催され、鹿島アントラーズが浦和レッズを3-2で下した。ピッチ上ではJリーグ屈指の強豪クラブ同士が熱い戦いを繰り広げていたが、ピッチ脇ではフォトグラファーも自らの戦いに奮闘していた。(写真・文:松岡健三郎)

----------

「FUJI XEROX SUPER CUP」が例年より少し早く開催された。そのせいか、カメラマンの私にとっては風が身に染みるピッチとなった。試合をする選手にはあまり影響はないであろう寒さではあったが。

 今季は多額な優勝賞金を目当てに各チーム積極的な補強が行われ、鹿島対浦和の対戦で昨年のチャンピオンシップと同じカードとなったが、その対戦のときとは少し顔ぶれが変わった。

 浦和は昨年14得点を決めチームトップスコアラーとなった興梠慎三がベンチスタート。代わりに湘南から新加入の25歳の菊池大介が先発起用された。菊池は湘南でプレーしていたとき良さをそのまま出せていたが、さすがに周りとの連携にはまだ時間が足りず、少し浮いてしまった。

「全体の年齢も考慮に入れながら、比較的若い選手を獲得しました。24歳前後の選手が我々のチームの中で前進することによって、チームとしても成長していくと思います。新しく入ってきた選手はどの選手に対しても時間と我慢が必要です。学びながらそういった選手たちと競争していく、それが我々のチーム作りであり、哲学です」とペトロヴィチ監督が言うようにチームにフィットするのは時間が必要だ。

 試合は、浦和がボールを持ち、鹿島が一撃を狙う予想通りの展開。鹿島が前半その一撃を2度決めて、鹿島がリードして前半を終える。いいときの浦和は前線の選手が自由にポジションチェンジして、相手DFが彼らを捕まえられないのが特徴だ。

 これは阿吽の呼吸で行われるものであるが、前半にはポジションチェンジはもちろん、FWが下りてきて、2列目から飛び出す場面はなかった。FWとMFが分裂してしまい、鹿島のDF網に何度も引っかかり、一撃を狙われた。

DFにとってもカメラマンにとっても捕まえにくい

 浦和は後半スタートから興梠を入れて前線の停滞を緩和させた。興梠はいい意味で自由にプレーし、試合の流れを見て、ボールをさばく役も買って出る。浦和のFW陣の中ではプレーエリアが広く、あまり決まった動きをしない。だからDFは捕まえにくいプレーヤーだろう。それに加えて、カメラマンである私も捕まえ(撮影し)にくい選手の一人だ。基本的に、サッカーはボールを持った写真が絵になるため、ボールを持った瞬間を狙っている。

 話は外れるが、90分の中で、ボールを持ってプレーするのは1人多くて2、3分程度と言われている。その中で、どれだけボールを持った選手のいい写真を撮れるかがカメラマンのひそかな戦いだ。

 話を戻すと、興梠の動きは読みにくく、ボールを持った写真も少ない。ましてやゴールシーンを撮れた思い出があまりない。そんな動き回るFWが入ったことで、ボールもうまく回り出す。さらに64分に2人同時に変えて、早くも交代枠を使い切った。すると74分捕まえにくい興梠をついに捕らえた。写真で!

 小笠原は捕まえきれず、縦への突破につい足が出てしまい、若干ファールをもらいに行ったような突破からPKを獲得。これが試合の流れを大きく変えるワンプレーとなり、自ら右足できっちり右に決めた。

 続く75分にもこぼれ球を武藤雄樹が決めて一気に試合を振り出しに戻した。このとき浦和サポーターは興梠のゴール不敗神話を信じたはずだ。昨年、興梠がゴールを決めた11試合すべて勝利していたからだ。

 しかし83分、遠藤航のバックパスミスから鈴木優磨に決められて、これが決勝ゴールに。興梠がゴールを決めたが、浦和は勝つことが出来なかった。

 それでも興梠が入ったことで浦和のボールの動きがらしさを取り戻したのは間違いない。しかし試合後本人は「本来の動きはできなかった」と振り返る。だから私もいい写真が撮れたのだろう。

 佐藤寿人、大久保嘉人に続き、日本人FWは30歳からと思わざるをえないほど年々うまくなる興梠の本調子を、試合の流れの中で捕えられるかどうかが私の今年も目標となりそうだ。

(写真・文:松岡健三郎)

text by 松岡健三郎