衣装でも魅了 (C)2016 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.

写真拡大

 ウッディ・アレン監督&脚本の最新作「カフェ・ソサエティ」の予告編が完成した。あわせて、豪華でクラシックな衣装をまとったキャスト陣を収めた場面写真が一挙に公開された。

 映画は、1930年代のハリウッド黄金時代を舞台にしたロマンティックコメディ。映画業界で働くことを夢見てニューヨークからハリウッドへとやってきた青年ボビーは、美しい女性ベロニカ(通称ボニー)に恋をする。その後、ボニーと同じベロニカという名前のバツイチの美女と出会い、映画スター、セレブリティたちが集まるきらびやかな社交界「カフェ・ソサエティ」に心酔してゆく。

 ボビーをジェシー・アイゼンバーグ、ボニーをクリステン・スチュワート、バツイチのベロニカをブレイク・ライブリー、ボビーの叔父でハリウッドの敏腕エージェントのスターンをスティーブ・カレルが演じるほか、パーカー・ポージー、ジーニー・バーリン、コリー・ストール、ケン・ストットら豪華俳優陣が共演。アレン自身がナレーションを務めた。

 このほど公開された映像では、ウブなボビーが叔父のスターンをあてにハリウッドを訪れる場面から始まる。ボビーは、そこで出会ったスターンの秘書のボニーに恋心を抱くが、あえなく玉砕。その後、ハリウッドで洗練されたボビーは、夫に捨てられたという美女ベロニカといい雰囲気になるものの、そこにかつて恋したボビーが現れる。華やかなハリウッドで繰り広げられる、2人のベロニカとボビーの恋の行方が気になる仕上がりとなっている。

 「カフェ・ソサエティ」は、5月5日からTOHOシネマズみゆき座ほか全国公開。