写真提供:マイナビニュース

写真拡大

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、『メールアプリに「空き容量はあと少しです」と表示されました!?』という質問に答えます。

***

「メール」にかぎらず、iCloudのデータ保存領域(iCloudストレージ)にアクセスするアプリを利用していると、ときどき「空き容量はあと少しです」と警告を受けることがあります。この現象は、その時点で作業しているユーザのApple IDが使用するiCloudストレージの残容量が残り少なくなったときに発生します。iCloudストレージが不足すると動作に支障をきたす機能/アプリがあるため、問題を事前に回避すべく警告しているのです。

この警告は、iCloudストレージにじゅうぶんな空きが回復すると現れなくなります。つまり、不要なファイル/データをiCloudストレージから取り除くか、iCloudストレージを増量(ストレージプランを変更、有償)すればいいのです。無料で割り当てられる容量は5ギガバイトと、大量の写真/ビデオを保管するには手狭ですから、これを機に増量するのもひとつの考えかたでしょう。

あくまで無償の5ギガバイトで頑張りたい場合には、不要なメールを削除するか、バックアップを削除することが有効な対策です。前者の場合、データ量が大きくなりがちな添付ファイル付きのメールを対象にすると効果的です。後者はデータ量が大きいうえにすぐ空き容量が回復しますから、無償を維持しつつ警告を止める手段としてはベストです。

なお、バックアップを削除する前には、iPhoneに保存されている写真/ビデオなど大切なデータをパソコンに保存(iTunesを使い同期)しておきましょう。再び空き容量の警告を受けないよう、iCloudのバックアップ設定をオフにすることもポイントです。

(海上忍)