キム・オクビン、事実無根の報道に不快…“夢でも見たんじゃないですか?”

写真拡大

女優キム・オクビンが甲状腺手術報道について事実ではないと明かした。

キム・オクビンは24日、自身のInstagram(写真共有SNS) を通して「幽霊が甲状腺手術でも受けたみたいですね? 愛しすぎて夢でも見たんじゃないですか? 私と電話したかのように心境と計画まで、スラスラと記事を書くんですね」という書き込みと共に、ある記事のキャプチャー写真を掲載した。

キム・オクビンが掲載した記事は、彼女が最近映画「悪女」の撮影を終えた後、甲状腺手術を受け、所属事務所との専属契約満了で新たな所属事務所を探しているという内容だ。

これについてキム・オクビンは「幽霊が甲状腺手術でも受けたみたいですね」という言葉で、事実無根であることを明かすと同時に、不快さをあらわにした。

キム・オクビンはシン・ハギュンと共演した映画「悪女」(監督:チョン・ビョンギル) の公開を控えている。