キャラガー氏もレスター指揮官を解任されたラニエリに同情「ラニエリと契約した時に何を期待していた?」

写真拡大

▽リバプールでプレーしていた元イングランド代表DFジェイミー・キャラガー氏が、レスター・シティの監督を解任されたクラウディオ・ラニエリ監督に同情した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

▽昨シーズン奇跡のプレミアリーグ制覇を成し遂げたレスター・シティだったが、今シーズンは極度の不振に陥り、現在降格圏と勝ち点差1の17位に位置している。

▽優勝トロフィーを掲げてからわずか9カ月での解任となったラニエリ監督。しかし、キャラガー氏はレスターの元々の立ち位置について言及し、解任を告げられたラニエリ監督への同情を明かした。

「多くの人々が、ラニエリとともにレスターが降格することを望んでいないと思う。しかし、多くの同情が生まれるだろう」

「レスターが降格した場合は災難ではあるが、レスターはいつもエレベータクラブだった」

「彼らはいつでもそうであったし、タイトルを獲ったからといって変わることはなかった。ラニエリと契約した時に何を期待していたのだろうか」