年々、キャンピングカーの裾野が広がっています。従来は熟年層が中心で、年収も高い富裕層が多かったのですが、最近では軽キャンパーの普及やレンタカーの登場で敷居が低くなったのが一因でしょう。また、ペットと一緒に旅をしたいというニーズも着実に捉えているようです。

また、近年は細かなニーズに対応したモデルが数多く登場していて、たとえばひと口に軽キャンパーといっても若いユーザーを意識した仕様なども出てきています。

1

そこで今回は300万円でどんなモデルが買えるかご紹介します。キャンピングカーの予算といっても難しく、オプションをあれこれ選んでいるとあっという間に跳ね上がってしまいます。

軽キャンパーであれば250万円くらいから揃っていて、その上のトヨタ・タウンエースやライトエース、日産NV200バネットなどをベースとしたコンパクトなモデルも300万円前後から揃っています。

神奈川県相模原市のStage21が手がける人気「Resort Duo」シリーズは、軽キャンパーやコンパクトモデルを用意。ダイハツ・ハイゼットをベースとした「Resort Duo Bambino Jr.(リゾート・デュオ・バンビーノ・ジュニア)」は、軽8ナンバーの本格派で、アルミベースの3層構造パネルを採用。アルミパネルの間に断熱材を入れることにより、暑さ、寒さに対応するほか、車重1t前後に抑えることで燃費にも配慮したとしています。

装備は、容易にフロアベッドに展開できるソファ、ポップアップルーフやオーバーヘッドコンソール、丸型シンク(各10Lの給排水タンク)など、8ナンバー取得要件は当然満たされています。価格は239万円からですが展示車両は265万円。

 

あの「オートバックス」もキャンピングカー業界に参入しています。キャンピングカー鹿児島とタッグを組み、コラボすることで販売などを手がける体制からスタート。現時点では明言できないそうですが、ノウハウを吸収した後にオリジナルのキャンピングカーを投入するかもしれません。

 

キャンピングカー鹿児島と北海道のキャンパートウマによる「Sante」は、キャンパートウマ独自開発の車載用イオンクラスターや、遠赤外線シート式床暖房(床暖房)などが装備された軽キャンパー。展示車両はスズキ・エブリイ(ジョインターボ/4WD)がベースで、サブバッテリーやインバーター、走行充電システム、電子レンジなどの標準装備アイテムのほか、FFヒーターやカーテンなどのオプションを装着し、価格は235万336円。

 

ベース価格で200万円を切る岡モータースの「ミニチュアクルーズ」からは、こちらでもご紹介したデニム仕様を出展。エアコン、給水タンク、シャワー、サブバッテリー、常設ベッド、収納庫などを標準装備し、192万3000円〜ですが、外部100V入力、スタイルエアロキットやリフトアップ、コンバーター充電システム、ルーフテントなどのオプションを満載し、288万2000円という参考出展車両価格となっています。


 

軽以外のコンパクトモデルでは、Stage21の「ResortDuo EValia(リゾート・デュオ・エヴァリア)」のようなモデルも300万円以下で購入できます。日産NV200バネットをベースに、ベッドマットや車中泊カーテン、バッテリーや走行充電システムなどを標準装備。オプションのFFヒーター、カセットコンロ、トイレ、収納庫などが設定された展示車両は270万2000円となっています。

軽キャンパーやコンパクト系のバンコンなどは、就寝人数が4人までとなっていても就寝や荷物の積載スペースなどを考えると大人4人は実際のところ現実的ではなく、ペット連れの大人2人旅が中心で、最大でも大人2人+子ども1人〜2人が限界。それでも使い方をハッキリさせれば楽しいキャンピングカー、車中泊ライフを過ごせるのではないでしょうか。

(文/写真 塚田勝弘)

予算300万円で買えるキャンピングカー選び(http://clicccar.com/2017/02/24/447530/)