HY仲宗根泉、自身がRIZAPで痩せるまでを綴った初のダイエットソングMV解禁

写真拡大

 ミクスチャーロックバンドHYの女性ボーカルの仲宗根泉が、今回RIZAPに挑戦して変わった自分の変化や自分を励ます応援歌として初のダイエットソング「DEBUと言われて」を書き下ろし、本日MVが公開された(https://youtu.be/wMg4ZvCw-O0)。

 本作は、RIZAP初のタイアップCM曲としても使用されており、仲宗根は「一日の積み重ねで人生は変わるから、絶対挑戦したほうがいい。自分の経験を通した自分への応援歌ですが、ダイエットだけじゃなく“何か始めたい”と思っている一人でも多くの方々に結果として勇気を与えられたら嬉しいです。」とコメント。

 彼女は、過去に自己流で数々のダイエットに挑戦するものの、運動が嫌い、正しいダイエット方法が分からないといった理由からダイエットに挫折してきた。そんな中、昨年7月より沖縄ローカル番組内の企画にて、RIZAPに挑戦。体重マイナス10.4キロ、体脂肪マイナス6.5%に成功し、RIZAPでの経験を通じ、親友のようなトレーナーと一緒だからこそ乗り越えられた。こんな自分でも変わることが出来たのだからやれない人はいない、と体験を語っている。

 また「DEBUと言われて」のミュージックビデオでは出演ダンサーの振り付けをパパイヤ鈴木さんが担当。パパイヤ鈴木は『ユニークな歌詞といーずさんの歌声を楽しみながら筋トレができるような振付にしました。』とコメントしている。

 「DEBUと言われて」は、本日よりiTunes、レコチョクなどで先行配信が開始。また、3月1日発売のHY、ニューアルバム『CHANCE』の初回限定盤の特典CDに収録される。

◎リリース情報
「DEBUと言われて」先行配信中
※3月1日発売HYニューアルバム『CHANCE』初回限定盤の特典CDに収録