品がある女性って老若男女問わず「ああ、素敵だな〜」と惚れ惚れしてしまうものですよね。できれば「品がある大人の女性」になりたいと思うものですが……品がある、ないって一体どんな仕草で決まるのでしょうか? 今回は、簡単に「品の良さ」を感じさせる5つの仕草をまとめてみました! 

意識しなくちゃ損! わずか4つの仕草で「品が良い女性」と思われる

品があるって、お育ちがよくなくちゃダメでしょ? なんてことはありません。実は日常の何気ない仕草などを見て「ああ、品が良い女性だな〜」と思わせることも可能なのだとか! さっそく、品の良さをかもしだしちゃう仕草をチェックしてみましょう!

1: なにをしていても姿勢がいい

歩いているときはもちろん、座っているときも姿勢が美しい女性を見える「品があるな〜」と思うことが多いそうです。猫背を正して背筋をピンをしているだけで品が漂う。座っているときにテーブルにひじをついたり、ほおづえをつたりせずに、手を揃えてひざの上に添える。それだけで気品あふれる女性に見えるというので不思議です!

・「品があるな〜と思う女性は、みんな姿勢が美しいですよね。歩く姿も座る姿も、姿勢が良いだけで上品で美しく見える!」(29歳/男性/会社員)

・「私のまわりの品の良い女性も、みんな姿勢がいい!」(31歳/女性/アパレル関連)

姿勢を正すだけで品がプラスされる、これは意識しなくちゃ!

2: 美しい言葉遣い、きちんとした挨拶ができる

やっぱり言葉遣いの良さも上品さには欠かせませんよね。よく挨拶がきちんとできない人は育ちが悪いと思われると言われていますが、丁寧な挨拶ができる女性に対しては「品の良さ」を感じてしまうもの。また美しい言葉遣いができることも品の良さアップに欠かせないようです!

・「敬語の使い方がきちんとしていて、言葉遣いが美しい女性。育ち良さそうだし、品があるな〜と」(32歳/男性/IT関連)

・「ありがとうございます、と笑顔で言える女性。すみません、よりずっと品があります!」(29歳/女性/美容師)

いただきます、ごちそうさま、ありがとうございます。基本の挨拶や丁寧な敬語も大切なんですね!

3: まわりへの気遣いができる

自然と気遣いができる女性に対しても「品があるな」と思うことが多いそうです。特に食事のシーンでは、細かいところに気づいてくれるとポイントが高いようです。お水を用意してくれたり、お皿を渡してくれたり、細かい気遣いを見て「上品な女性」認定されるかもしれません!

・「食事のときに、細かいところに気づいてくれる女性は品があるなと思う」(31歳/男性/メーカー勤務)

・「上品な女友だちは媚びてるとかじゃなくて、自然と相手のことを考えて、自然と気遣ってくれますよね」(28歳/女性/ネイリスト)

気遣いができるかどうか、これも上品さを左右する大事なポイントなのです。

4: キレイな食べ方ができる

食事をするときに、静かに食事をしたり、キレイに食べる姿を見て「育ちがいい」と感じる方も多いようです。残さずキレイに食べる女性に対しても「きちんと育てられている感じ」「食べ物を大事にしていて品がある」と好感度が高いようです!

・「お腹いっぱいな感じでも、きちんと残さず食べようとする女性。ちゃんと育てられていて品があると思う」(32歳/男性/営業)

・「仕事で品の良い女性と食事をしたとき、魚の食べ方がキレイで感動した(笑)」(28歳/女性/IT関連)

キレイに食べる姿にも品の良さを感じるそうです。美しく食べられるように、意識してみては?

上品な女性は永遠の憧れ! こんな仕草を見て「品が良い」と思う方が多いそうです。姿勢、言葉遣い、気遣い、食べ方……。実はどれもマネできそうなことばかり。わずか4つの仕草で品の良さをアップできるなんて。品のある美しい大人の女性を目指して、さっそく今日から意識してみたくなりますよね!