EXILE THE SECOND『BORN TO BE WILD』

写真拡大

 ジャンルやスタイルに関わらず、活動を継続していれば、思ってもみなかった出来事に必ず見舞われる。その困難をどう乗り越え、自らの表現にどう取り込むかが、そのアーティストの力量であり、存在価値でもあるのだ。ここでは、様々な場面に直面しながら、それを新たな表現に結び付けることに成功したアーティストたちの新作を紹介したい。

(関連:EXILE THE SECONDが語る、グループの本格始動とこれから「自分たちで新しい道を切り拓く」

 初の単独アリーナツアーを開催中のEXILE THE SECONDのニューアルバム『BORN TO BE WILD』。シングル3部作(『YEAH!! YEAH!! YEAH!!』『Shut up!! Shut up!! Shut up!!』『WILD WILD WILD』)を含む本作には、90年前半のヒップホップ、R&Bを軸にしつつ、ファンク、ディスコ、エレクトロ、EDMといった多彩なファクターを反映させた楽曲が並んでいる。30代半ばになったメンバー自身のルーツ音楽と現在のモードをバランス良く取り入れた本作は、彼らのアイデンティそのものと言っていいだろう。二代目J Soul Brothersとして活動をスタートさせてから約10年。本作によって彼らは、自らの独自性と存在意義をようやく掴み取ったのかもしれない。

 2016年6月に発表した『LAY YOUR HANDS ON ME』をもって活動を終了したBOOM BOOM SATELLITES。メンバーの中野雅之が監修、選曲、マスタリングを手がけたオールタイムベストアルバム『19972016』には、ダンスミュージックとロックミュージックの創造的な交配を繰り返しながら、普遍的と呼ぶにふさわしい音楽に辿り着いた約19年の軌跡が生々しく描き込まれている。その背景にあるのは言うまでもなく、中野と川島道行の歴史だ。イマジネーションを駆使しながら、日本のアーティストとしては前代未聞の活動を繰り広げてきた二人。本作から伝わる壮大なストーリーは、中野、川島のあまりにも濃密な関係性に直結しているのだと思う。『19972016』の制作によってバンド活動に区切りをつけた中野の、音楽家としての新しいキャリアにも大いに期待したい。

 KANA-BOONの2017年第1弾シングル『Fighter』表題曲は、アニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』(TBS系)OPテーマ。まず印象に残るのは、ズッシリとしたヘビィネスとスリリングなスピード感を共存させたバンドサウンド。軽快な四つ打ちでシーンを席巻、3rdアルバム『Origin』でダイナミックなロックに挑戦した4人は、この曲によって、新しいバンド像を描き出すことに成功している。“戦場での一瞬の輝き”というアニメのテーマ、4人のメンバーが抱える“自分たちの居場所を掴み取りたい”という意思がひとつになった歌詞を含め、「Fighter」はKANA-BOONの新しい出発点として認知されることになるだろう。そして……がんばれ飯田!  応援してます。

 短髪、スーツ姿のニュースタイルも斬新だったが、『平凡』と名付けられた5thアルバムを聴き、ドレスコーズの表現が完全に新しい地平に到達したことを確信した。“カルチャー、生活レベルがほどよく統一された未来の社会”を舞台にしたコンセプトアルバムとして制作された本作は、所有から共有へと移り変わり、すべてが急激に均質化されつつある現代を冷徹に照らし出しながら、志麿遼平というアーティストの圧倒的な特異性を浮き彫りにしている。ゴンドウトモヒコ(METAFIVE)が編曲家とキーボードとして参加、POLYSICSのハヤシ(G)、ZAZEN BOYSの吉田一郎(Ba)、skillkillsのビートさとし(Dr)による“ファンク×ノー・ウェーブ”なサウンドメイクも凄まじい。

 2016年7月にLyu:Lyuから改名、同年11月にシングル『愛 / 憎』でメジャーデビュー。新たなフェーズに突入したCIVILIANのニューシングル『生者ノ行進』の表題曲はアニメ『ALL OUT!!』(TOKYO MX)OPテーマ。自らの存在意義を根本から問うような楽曲を生み出してきたコヤマヒデカズ(V/G)と青春ラグビーアニメの組み合わせは意外だったが、“生きる理由ばかり探さず、とにかく一歩を踏み出そう”という意志を込めた歌詞、切実な思いをシンガロングにつなげるメロディがぶつかり合うこの曲は、コヤマの作家性を(おそらく初めて)ポップに昇華した楽曲に仕上がっている。“Lyu:Lyuでやるべきことはやり切った”という理由で新しいバンドに生まれ変わった3人は、CIVILIANとしての軸を確立しつつあるようだ。(森朋之)