23日、韓国の名門女子大・梨花女子大の在学生らが新入生らに「礼儀指針」の順守を強要し、波紋を呼んでいると複数の韓国メディアが伝えた。写真は梨花女子大。

写真拡大

2017年2月23日、韓国の名門女子大・梨花(イファ)女子大の在学生らが新入生らに「礼儀指針」の順守を強要し、波紋を呼んでいると複数の韓国メディアが伝えた。

22日、SNSの同大学のページ「大学のすべてのこと」に、体育科学部の学生会側から2017年度入学予定の同学部新入生のグループチャットに「新入生の礼儀指針10条」と題した書き込みがあった。公開された礼儀指針には「(学内で)会う人すべてが皆さんの先輩だ。頭を軽く下げるのではなく、『こんにちは』と声が正確に聞こえるようにしっかりあいさつすること」との内容のほか、先輩を「〇〇お姉さん」と呼ぶ時の細かな決まりや、先輩に対し無料通話・メッセージアプリでむやみに連絡をしないなどの決まりが盛り込まれている。先輩とのメッセージのやりとりについては、「絵文字の使用を控える」「先輩のメッセージを無視したり、先にやりとりをやめたりしない」などの規則も。

酒の席での礼儀指針もある。「先輩からお酒をついでもらう時は両手で受け、飲む時は自分より後輩側に顔を向けて飲むこと(韓国では目上の人の方に顔を向けての飲酒は失礼とされている)」「乾杯する時は自分の杯が先輩よりも低い位置になければならず、酒の席では許可をもらってから帰宅すること」などの内容だ。

学生会執行部はこれに「これらの事項は学校に通う上で守るべき基本中の基本的な礼儀であり、よく読んで熟知し礼儀正しい新入生になってほしい」とも付け加えた。

この「指針」についてメディアに情報提供した人物は「軍隊でもないのに、女子しかいない学校でこのような文化があることは理解できない」と明らかにした。

これを受け、韓国ネットユーザーからは「その指針を守る方の立場も考えないと。気分を害されるに違いない。ただの悪習」「梨花女子大体育学部は、崔順実(チェ・スンシル)の娘チョン・ユラの(不正入学)問題だけじゃなかったね」と在学生を非難するコメントや、「フェミニズムうんぬんとか言ってるくせに、最近の女は男よりひどい」「ここまでやるなら女性も徴兵して入隊させよう」「軍隊にも行かないくせに」と男性からのコメントなどが多く寄せられている。

その他にも、同学部の卒業生らから「私たちの時は一部のスポーツサークルだけで学部にそんな礼儀指針はなかった。他の大学の間違った慣習や文化を後輩が追い掛けているようで残念。先輩として責任を感じる」「卒業した先輩がつくったいい伝統だけを後輩に継承していってほしい」などのコメントが寄せられた。(翻訳・編集/松村)