写真提供:マイナビニュース

写真拡大

○ドローン、ジンバルと次世代の撮影機材が揃うDJIブース

CP+2017のDJI JAPANブースでは、各種ドローンやカメラ用ジンバルが豊富に展示され、手に取って試用できる。また、同社が出展するこの手のイベントでは恒例ともいえる、ドローンのデモフライトが行われていた。

昨年のCP+2016は、Phantom 4 Pro、Mavic Pro、Inspire 2といった新製品が多かったが、CP+2017に合わせた新製品はなかった。それでも、数多くの製品を実際に触れるとあって、多くの来場者でにぎわっていた。現実的に、ドローンの実機を試用できる機会というのはあまりなく、その意味でも貴重な場だ。

特に、ハンドヘルドジンバルのOsmoシリーズは会場内での貸し出しにも対応しており、CP+2017初日から多くの人が申し込んでいたようだ。

(小林哲雄)