映画『不能犯』人気漫画を実写化、妖艶なダークヒーローに松坂桃李&ヒロイン役に沢尻エリカ

写真拡大

映画『不能犯』が、2018年2月1日(木)に全国の劇場で公開される。「グランドジャンプ」にて連載中の同名漫画を原作に、主演に松坂桃李、ヒロインに沢尻エリカを迎え実写化。

原作の『不能犯』は、他人を殺害する目的で事件を起こしても誰もその犯行方法を立証出来ない、通称“不能犯”のプロフェッショナルである宇相吹正(うそぶきただし)の、驚異の手口と壮大な目的が描かれる新感覚サスペンス・エンタテイメントだ。

生まれも経歴も不詳、常にスタイリッシュなワインレッドのシャツに黒スーツをまとい、ある特別な能力で人の心を操る主人公・宇相吹正を演じるのが、若手演技派の旗手・松坂桃李。都会のど真ん中で次々と起きる変死事件の犯人であり、とある場所の電話ボックスに殺してほしい理由と連絡先を書いた紙を貼ると必ず引き受けてくれるという、妖艶なダークヒーロー役に挑戦する。

一方、宇相吹正と対決する正義に熱いヒロイン・多田友子役には沢尻エリカが決定した。原作では男性だが、主人公の妖艶な魅力を引き立てるために女性へ変更されたという複雑な役を、持ち前の姉御肌をもってイメージそのままに演じ切る。本作でアクションに初挑戦するという姿にも期待が高まる。

また、豪華キャストの出演が続々決定。ハリウッド映画『パシフィックリム』の続編や『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』にも出演した実力を持つ若手俳優新田真剣佑が沢尻エリカの部下である新人刑事・百々瀬麻雄を、『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』『帝一の國』での存在感と振り切った演技が高く評価された間宮祥太朗が沢尻エリカが更生させた少年・川端タケルを演じるなど、登場人物それぞれに思わず注目したくなってしまう配役となっている。

【作品情報】
映画『不能犯』
公開時期:2018年2月1日(木)
出演:松坂桃李、沢尻エリカ、新田真剣佑、間宮祥太朗、テット・ワダ、菅谷哲也、岡崎紗絵、真野恵里菜、忍成修吾、水上剣星、水上京香、今野浩喜、堀田茜、芦名星、矢田亜希子、安田顕、小林稔侍
原作:『不能犯』(集英社「グランドジャンプ」連載)原作:宮月新/画:神崎裕也)
監督:白石晃士
脚本:山岡潤平、白石晃士
©宮月新・神崎裕也/集英社・2018「不能犯」製作委員会

【ストーリー】
都会のど真ん中で、次々と起きる変死事件の現場では、必ず黒スーツの男の姿が目撃される。男の名は宇相吹正(うそぶきただし)、彼こそがSNSで噂の〈電話ボックスの男〉で、とある場所の電話ボックスに殺してほしい理由と連絡先を書いた紙を貼ると、必ず引き受けてくれるという。ターゲットは確実に死に至るが、その死因は病死や自殺に事故。宇相吹の犯行は、すべて〈不能犯〉だった。今日も、愛と欲望、嫉妬と憎しみを抱えた依頼人が、電話ボックスにやって来る。宇相吹の真の目的は、他にあるとも知らず──。


[写真付きで読む]映画『不能犯』人気漫画を実写化、妖艶なダークヒーローに松坂桃李&ヒロイン役に沢尻エリカ

外部サイト

  • THE YELLOW MONKEYのドキュメンタリー映画『オトトキ』復活劇を通してその魅力に迫る
  • 映画『ビジランテ』監督入江悠、大森南朋・桐谷健太・鈴木浩介主演で地方都市に生きる男の人生を描く
  • 書籍『新海誠監督作品 君の名は。美術画集』物語の舞台約220点を、美術スタッフのコメント付きで掲載