待ちに待った日本人F1ドライバー復活の瞬間が、すぐそこまで近づいてきている。2017年、F1へと”最後の一歩”を踏み出そうとしている若手ドライバーたちがいる。

 F1直下のGP2――3年目のシーズンに挑むのが松下信治(まつした・のぶはる)だ。

 昨年はF1昇格とGP2王座獲得を意識しすぎたことで、精神的な重圧に押しつぶされてしまった。


欧州の舞台からF1を目指す3人。左から松下信治、福住仁嶺、牧野任祐 レースの世界では自信がなければ、コーナリングやブレーキングの攻め方にほんのわずかな差が生じ、アグレッシブに攻めてくるライバルたちにあっという間に置き去りにされてしまう。2016年の松下は、まさにそんなレースが続いていた。

「ノブはもう無理だ」という声も聞こえ始めていたが、その呪縛を吹っ切り最終ラウンドのアブダビで表彰台に乗ったことで、見事に復活を遂げた。

「去年はメンタル面で気負いすぎてしまっていたところがあったと思います。たとえば、バクーでは勝てる展開になったときに、そればかり意識が行って周りが見えなくなってしまったり、そういうことがたくさんありました。自信を持って走れなければ、ここ(GP2)はガンガン来るヤツらばかりだし、押されてしまう場面もあった。去年1年戦って這い上がってきたことで、人間的にも成長できたと思うし、少し大人になったと思います」

 そう語る松下の表情には、確かに余裕のようなものが漂っていた。

 なかば義務感にせき立てられるように「チャンピオン争い」と繰り返し発言していた1年前とは、明らかに違う。

「このオフは、マクラーレンのファクトリーでシミュレーターに乗って2017年型マシンの開発をしたり、身体のトレーニングもしたり、去年のレースごとのデータやレポートを見返して、去年失敗したこととうまくいったことを整理して、よかったところとそうでなかたところをしっかりと見返してきました」

 松下が2018年にF1のスーパーライセンスを取得するためには、今年GP2でランキング2位以上に入らなければならない。それが松下にとって、F1への”最後の一歩”だ。

 GP2では昨年から参戦してきたプレマ・レーシング(イタリア)が速さを見せ、松下の所属するARTグランプリ(フランス)はチーム力の面で差をつけられてしまった。しかし松下は、自身の経験でその差を埋められる自信を持っている。そして、今年が自分に与えられる最後のチャンスであることも、松下はよくわかっている。

「3年目なんで経験もあるし、毎レース取りこぼしなく必ずポイントを獲ること。もちろん優勝もして、アグレッシブで力強いレースをします。そうすれば、最終的にチャンピオン争いでもいいところに行けると思いますから。もちろん(自分にとってF1挑戦は)今年が最後の年だと思っているのでプレッシャーもありますけど、あまりそういうことは気にしないように心がけています」

 F1への最後の一歩。その一歩のために越えなければならないハードルはどのくらい高いと思うかと問うと、松下は即答した。

「そんなに高くないと思います。自分がどれだけ大きくなったか、それは結果で示せると思います。特にレース運びの面で、見てもらえればわかると思います」

 今年、ホンダの秘蔵っ子がヨーロッパへと初挑戦する――。それが19歳の牧野任祐(まきの・ただすけ)だ。

 2015年に日本のFIA-F4で圧倒的な速さを見せ、昨年は全日本F3に参戦しながらスーパーGTのGT500クラスにスポット起用されて、いきなり表彰台を獲得する非凡さを見せた。それが評価されて、今年FIA F3ヨーロッパ選手権(ユーロF3)に挑むことになった。マックス・フェルスタッペン(レッドブル)やエステバン・オコン(フォースインディア)、ランス・ストロール(ウイリアムズ)が輩出するなど、近年F1ステップアップのもっとも近道とされているカテゴリーだ。

「レースの映像を見ても全体的に激しいし、これから上に行こうっていう若いヤツがいっぱいいるんで、簡単ではないと思います。去年マカオGPに行ったときにも思いましたけど、すっごい速いヤツとかいますから。でも、やれないこともないとも思うんで、しっかり戦っていきたいなと思ってます」

 すでに昨年末にユーロF3のテストをこなし、契約を交わしたハイテックGP(イギリス)のシルバーストンにあるファクトリーも訪れてエンジニアと話したり、シミュレーターに没頭してきた。その手応えはかなりのものだったようで、牧野からは確固たる自信がみなぎっている。

「プレマとカーリン(イギリス)でテストしましたけど、(同じチームで走ったドライバーと比べて)めちゃくちゃ遅いっていうのはなかったし、なんなら勝ってるくらいだったんで、そういうところでどんどん自信を持てましたね。ハイテックのファクトリーでは朝の10時半から、昼食以外は夜8時までぶっ続けでシミュレーターに乗りましたけど、それをみても全然悪くないし」

 感心させられるのは、その自信に根拠があること。そしてこの先、どんなことが起こり得るのかをきちんと想像し、それを回避するためにはどうすべきなのか、そうなってしまった場合にはどうすべきなのかということを考え、はっきりとイメージできているということだ。

「今年は走るサーキットがほとんど初めてのところばかりなんで、その対応が一番重要になってくるんじゃないかと思ってます。シミュレーターで事前にしっかりとコースを覚えて、ある程度(サーキット攻略のための)ポイントを絞って戦っていこうと思っています。

 シミュレーターの段階から『ちょっとでも速く、ちょっとでも速く(走れるように)』っていうことを心がけてやったし。やっぱり、自分の走り方のクセみたいなものはあるので、それが向こうのスタイルに合っていればいいんですけど、合っていないこともあると思うんで、そういうときに臨機応変に対応して、自分の引き出しをどんどん増やしていくようにしていければいいなと思います」

 牧野が挑むF3は、GP2、GP3の下にあたるカテゴリーだが、F1への「飛び級」が十分に可能な場所でもある。

 ユーロF3へ参戦することで、F1への”最後の一歩”は大きく近づいた。牧野自身、そのことをはっきりと意識している。

「まだ(F1が)ものすごく近いとは思わないですけど、確実に近づいたなとは思います。今までレースをやってきたなかで見ても、その度合いはものすごく大きいですね。今年の目標は、やっぱりチャンピオン。最低でもランキング2位には入りたいですね」

 牧野が今年の目標をそう語るのは、ランキング2位に入ればF1昇格に必要なスーパーライセンスポイント40点が獲得できるからだ。つまり、牧野はF3というカテゴリーに参戦しながら、2018年のF1昇格をはっきりと見据えている。

「そういうことです。チャンスがあるなら乗りたいと思います。そうするためにも今、自分が絶対にやらなきゃいけないのはスーパーライセンスポイント(40点)を獲るっていうことだと思っています。去年のプレマは圧倒的すぎたけれど、それには(ストロールのF1昇格のための優遇という)政治的なことも絡んでいるみたいなんで、今年はそういうこともないでしょうし、ランキング2位は無理な話じゃないと思っています」

 昨年に引き続き、GP3には福住仁嶺(ふくずみ・にれい)が参戦する。

 3人のなかでは唯一、福住には2018年のF1昇格のチャンスがない。というのも、GP3でチャンピオンに輝いても、スーパーライセンス取得の要件を満たすことができないからだ。

 しかし、過去にはバルテリ・ボッタス(メルセデスAMG)やダニール・クビアト(トロロッソ)らがGP3から「飛び級」を果たしており、状況によっては特例適用の可能性もないわけではない。よって、福住にとってはF1と同じ場所で開催されるGP3で、しっかりと速さと存在感をアピールすることが非常に大きな意味を持つ。

「今年は(初体験で苦労した昨年と違い)去年走ったサーキットばかりですし、とにかく速さを見せつけたいと思っています」

 予選でも決勝でも、ひとたび弱気の虫が顔を出すと一気に負のスパイラルに入ってしまうようなところが、昨年の福住にはあった。それは本人も痛感しており、今年は精神的な強さを身につけることが課題だと意識している。

「去年はメンタル面が弱かったと思うし、そこをどう強く保ったまま予選・決勝に挑めるか。いかに自然体、平常心でいられるかということが課題だと思います」

 今年の目標は、もちろんGP3でトップに立つことだ。

「絶対優勝して、チャンピオンシップ争いに絡めるようにしていきたい。勝つ(ことを目標にする)というより、自分が速く走れば勝てると思うんで。常にそういう場所にいるっていうことですね」

 マクラーレンのシミュレーターを経験し、F1関係者とのつながりもできるなど、F1への距離は着実に縮まっている。

「たくさんありますね、ハードルしかないですね(苦笑)。ハードルの高さは……結構高いと思います。どんだけ高いんだろうっていう感じ。でも、いろんなつながりができていくなかで、(F1は)『あ、全然遠くないかも』とも思ったんです。

 あとは僕の結果次第で行けるんだなと思いました。僕はひたすら速く走ることを考えるだけ。去年得たことを無駄にしないで、今年しっかりと生かしてさらに速く走るだけです」
 
 日本の若手ドライバーたちが、F1へと近づいてきている。早ければ2018年にも、新たな日本人F1ドライバーが誕生する。

 F1へ”最後の一歩”を踏み出そうとしている彼らの2017年は、日本のファンをワクワクさせてくれるに違いない。

■モータースポーツ 記事一覧>>