有機EL(OLED)搭載のiPhone8は、現行のiPhone7よりもバッテリーが長持ちするだろうと、Apple情報に詳しいMorgan Stanleyのアナリスト、ケイティ・ハバティ氏が予測しています。

曲面ディスプレイ搭載、バッテリー持続時間が延長

ハバティ氏もこれまでの多くの予測を踏襲し、今秋発売予定のiPhoneについて、現行モデルのアップデート版である4.7インチ、5.5インチ液晶搭載モデル(iPhone7s/7s Plus)と、有機EL(OLED)ディスプレイを搭載した大幅デザイン刷新のiPhone8の3モデル展開になるとしています。
 
またプレミアムモデルであるiPhone8については、認証のために3Dセンサーを搭載し、ワイヤレス充電に対応、人工知能(AI)ソフトウェア機能が向上すると予測しています。
 
そして搭載されるアクティブマトリックス式有機EL(AMOLED)は曲面ディスプレイであり、バッテリー持続時間も延長されるとしています。
 
米メディアMacRumorsが入手したハバティ氏の調査メモには、特に中国を中心に、世界各地のユーザーがデザインを刷新したiPhone8の発売を待っており、このiPhone8人気が同時に発売されるiPhone7s/7s Plusの売上も押し上げるだろうと記されていた模様です。

バッテリー持続時間は50%も向上する?

iPhone8のバッテリーについてはKGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏が、基盤の高密度化で空いたスペースにバッテリーをL字型に配置することで、4.7インチモデルと同等の本体サイズながら2,700mAhのバッテリー容量を実現するだろう、と述べています。
 
参考までに、現行の4.7インチのiPhone7は1,960mAh、5.5インチのiPhone7 Plusは2,900mAhのバッテリーを搭載しています。
 
またハバティ氏は具体的にどの程度バッテリーの持続時間がのびるのかには触れていませんが、クオ氏は従来型液晶ディスプレイモデルよりも持続時間が約50%向上するだろうと予測しています。
 
 
Source:MacRumors
(lunatic)