コーチェラ音楽祭の出演をキャンセルしたビヨンセ (c)Imagecollect.

写真拡大 (全2枚)

歌手のビヨンセが、コーチェラ音楽祭のパフォーマンスをキャンセルした。

毎年4月に行なわれているコーチェラ音楽祭には豪華なアーティストが出演しているほか、多くのセレブたちがプライベートで訪れることで有名。今年はビヨンセがパフォーマーの1人を務める予定だった。

そんなビヨンセは今月夫でラッパーのジェイ・Zとの間に双子を妊娠したことを発表。コーチェラ側はフェイスブックで現地時間23日に「この数か月間、厳しいスケジュールにしないようにというドクターのアドバイスを受けて、ビヨンセはコーチェラ・ヴァレー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバルでのパフォーマンスを見合わせることにしました」「しかし、(主催者)ゴールデンボイスと(ビヨンセのマメージメント会社)パークウッドは彼女が2018年のフェスティバルのヘッドライナーを務めることを喜んで認めます。皆様の理解に感謝しています。詳しい情報はお待ちください」と表明している。

ビヨンセはキャンセルとなってしまったが、今年はケンドリック・ラマー、マック・ミラー、レディオヘッド、フューチャー、ロードらが出演する予定だ。