「あと1時間もある」カラオケデートがイマイチなときの盛り上がり方

写真拡大



デートでふたりきりになれる場所、カラオケ。最初は歌を歌って雰囲気も良かったのに、どんどん静かな時間が増えていったことはないですか?楽しみに行っているのに、気まずい空気が流れるだけでは困りますよね…。カラオケデートで盛り上がらないときの改善方法についてご紹介します。

■■選曲を中断して会話をはさもう

お互い立て続けに歌を入れていたら疲れてくるし、曲が終わってから次の曲が始まるまでの間しか会話ができませんよね。そういったときは休憩を入れてみましょう。選曲をひとまず中断して、ドリンクを飲みながら会話を楽しむ時間に充ててみるのもよいですね。相手が歌った曲や歌手について、質問してみると会話が弾むかもしれませんよ。

■■一緒に曲を選んでみよう

「これって懐かしいよね」と選曲画面を見せて、「これは歌える?デュエット部分があるんだけど」と一緒に曲を選んでみてはいかがでしょうか。お互い好きな曲やアーティストを知れれば仲も深まりますし、もし同じような曲が好きなら共感しあって盛り上がるはず。自分が歌う曲を彼に選んでもらったりしてお互いの曲を選びあうのもいいですね。一緒に歌えば緊張もほぐれるでしょう。

■■付属機能に助けてもらおう

お互いにただ歌っているだけでは、物足りなく感じてきますよね。盛り上がりに欠けたときは、カラオケの付属機能に助けてもらうのはいかがですか?採点機能やゲーム機能などが搭載されているので、普段とは違う遊び方ができるはず。勝敗のつく機能を使う場合には、罰ゲームを用意してみると、盛り上がりやすいですよ。ただし、そういった勝負事が嫌いな男性もいるので、遊ぶ内容はきちんとお互いの希望を聞いて決めましょうね。

■■料理をシェアして食べよう

ずっと歌っていると、小腹が空きますよね。そんなときには歌うのを中断して、一緒に軽食を食べる時間に充ててみてはいかがですか?個々に食べるものではなく、ポテトやピザなら一緒に取り分けて食べることができるのでオススメ。メニュー表を見ながら一緒に選び、取り分けておいしさを共感したりするのも楽しいですよ。

■■相手が歌っているときも楽しもう

相手が歌っているときの待っている間、無表情だと「楽しくないのかな」と思わせてしまいます。そんな状態では盛り上がりようがないですよね。ですから、相手が歌っているときは手拍子をしたり、控えめに踊ったりして盛り上げてあげましょう。相手の気持ちがグッと弾んで、ノリノリで歌えるでしょう。タンバリンやマラカスなどあれば借りてみて。無理しない程度に盛り上げましょう。

■相手との時間を楽しもう

スマホを眺めたり、選曲の画面を見たりする時間が長いと、相手に楽しくないのかなと思わせてしまいます。途中で会話をしたり相手を見たりして、楽しいカラオケになるよう心がけましょう!(クヌギ/ライター)

(ハウコレ編集部)