ポーラ・アブドゥル

写真拡大

米人気オーディション番組『アメリカン・アイドル』でシーズン1〜8まで審査員を務めたシンガー、ポーラ・アブドゥルが、米NBCの人種をテーマにしたシットコムのパイロットに出演することが明らかとなった。米TV Lineなどが報じている。

ポーラが出演するのは、『フアン家のアメリカ開拓記』のショーランナー、ナーナチカ・カーンが製作するタイトル未定のファミリーコメディ。カーンの人生をもとにしたシリーズは、フィラデルフィア郊外で暮らす混血一家に生まれた少女が主人公。現実世界で起こる人種や性差別の問題に揉まれながらも、決して自分を見失わず、憧れの歌手ポーラ・アブドゥルのような女性になろうと奮闘する...というストーリー。

ポーラが、どういう形でストーリーに登場するのか詳細は不明だが、パイロットがピックアップされてシリーズ化が決定した場合は、レギュラーとして出演することになるという。

パイロットではカーンが脚本を執筆し、人気ファミリードラマ『ワンダー・イヤーズ』で子役から活躍している俳優フレッド・サヴェージがメガホンを取ることが決定。彼は、『モダン・ファミリー』や『NYボンビー・ガール』などの人気コメディでも監督を務めている。

ポーラは『アメリカン・アイドル』を降板後、ダンス・オーディション番組『So You Think You Can Dance』でゲスト審査員を務め、現在はダンスドキュメンタリー映画『Move(原題)』を撮影中。(海外ドラマNAVI)