『ドクター・フー』

英人気長寿ドラマ『ドクター・フー』で、シーズン8からドクター役を演じた12代目のピーター・キャパルディが、シーズン10で降板するとのニュースは当サイトでもお伝えしてきた。次のドクター候補が囁かれる中、最有力候補としてあの女優の名前が浮上していることが分かった。豪Dark Horizonが報じている。

英ブックメーカー(賭け屋)大手のラドブロークスによると新ドクター最有力候補として名前が挙がっているのは、英女優ティルダ・スウィントン。映画『ナルニア物語』シリーズや、『コンスタンティン』などの話題作に数多く出演している彼女は中世的な容姿が印象的で、2007年公開映画『フィクサー』でアカデミー賞助演女優賞を受賞した演技派でもある。

シーズン5からショーランナーを務めてきたスティーヴン・モファットに代わり、シーズン11からは『ブロードチャーチ 〜殺意の町〜』のクリス・チブナルにバトンタッチされることも決定。チブナルによれば、新ドクターを誰が演じるのかは今年後半期に入るまで発表されず、新ドクターはクリスマスに放送される特番のラストで登場する予定だという。

ティルダのほか、英犯罪ドラマ『ミステリー in パラダイス』の主演クリス・マーシャル、『ナイト・マネジャー』のオリヴィア・コールマン、『Silk 王室弁護士マーサ・コステロ』のマキシン・ピークと『007』シリーズのベン・ウィショー、『ハイっ、こちらIT課!』のリチャード・アイオアディも予想人気候補に名前を連ねている。

女優の名前も多数挙がっていることから、次なるドクターが女性になる可能性も十分にありそうだ。(海外ドラマNAVI)