写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●「EOS 9000D」や「EOS Kiss X9i」も試せる
2月23日からパシフィコ横浜でパシフィコ横浜で開催されているカメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2017」。本稿では、キヤノンのブースの様子をお届けする。同社のEOSシステムは今年で30周年を迎える。

なんといっても目玉は、2月15日に発表されたばかりのミラーレスカメラ「EOS M6」とデジタル一眼レフの「EOS 9000D」に「EOS Kiss X9i」、プレミアムコンパクトの「PowerShot G9 X Mark II」。これらの最新機種が展示され、発売より一足早くタッチ&トライできる。

○機種別ではなく、シーン・被写体別の展示が新鮮

タッチ&トライは、静物やモデルを被写体として画質を確認できる「風景・花/ポートレート・スナップ」のゾーンと、動く鉄道模型を狙ってAFを試せる「乗物・動物・スポーツ」のゾーンが用意されている。EOS M6やEOS 9000D、EOS Kiss X9iを試してみたいユーザーは要チェックだ。3機種ともライブビュー撮影で高速にAFが動作する「デュアルピクセルCMOS AF」が搭載されているので、その速さを体験してみてもらいたい。

●写真家セミナーや大判プリントも必見
○大盛況のセミナー

カメラセミナーにも力を入れており、大型4K LED画面 (高さ4.2×幅7.6m) を据えたセンターステージを中心に3つのステージを用意。「EOS学園」の講師や人気写真家が数多くの講演を行う予定だ。取材時はセンターステージにおいて、EOS 5D Mark IVのスペシャルサイトにも登場しているGOTO AKI氏と公文健太郎氏のトークセッションが行われており、立ち見も出るほどの大盛況ぶりだった。

今回は「先進の "撮る・観る・つながる" で、楽しさをもっと。」をテーマにしており、"撮る" の先にくるプリントに関する展示も充実。写真やオンラインフォトブックサービス「PhotoJewel S」や、大判インクジェットプリンター「imagePROGRAF PRO-4000」を紹介するコーナーが設けられている。とくに、EOS 5Ds Rで撮影した超高解像度の画像をで出力した大判プリント作品は必見だ。

(野村シンヤ)