左「北17号」右「南2号数」/ 2016

2017年2月24日(金)から3月12日(日)まで、株式会社アースプラスが運営するEARTH+GALLERYにて、上根拓馬氏の個展「飛天…APSARAS IN FLIGHT」が開催される。同氏は仏像の世界をテーマに、東京や京都を中心として活躍する現代美術作家。会期中の2月25日(土)18:00からは、音楽家の藤田陽介氏によるコラボレーションパフォーマンスLIVEもオープニングイベントとして実施される。展覧会は入場無料、月曜休廊で、時間は11:00〜19:00(最終日は17:00まで)。パフォーマンスLIVEイベントは、ドリンク / 軽食付きで1000円の入場料が必要とされる。1978年大阪府生まれの上根拓馬氏は、2002年に東京造形大学美術学科(絵画専攻)を卒業し、2009年からは同大学の非常勤講師を務めている。彼は、仏教の世界に登場する神々の存在や宗教観を研究 / 解釈し、フィギュアとしての表現を展開。さらに、それを基盤としたインスタレーションを制作している。仏像が放つエネルギーに対峙したときの感覚はもちろん、SF映画の宇宙服やスーツ、ロボットなどへの関心も、作品を構成している大きな要素だ。上根氏はそれらの立体作品を「Gardien」と呼んでおり、本展ではこれまでにも類を見ない「Gardien」の姿を観賞できる。

7.2 Gardiens, Soha-deva, 倶生神 Man / 2014

■期間:
2017年2月24日(金)〜3月12日(日)

■開催場所:
EARTH+GALLERY
東京都江東区木場3-18-17 1F

■問い合わせ先:
EARTH+GALLERY
url. http://earth-plus.net/
▷こちらもおすすめ
キーホルダーしかないキーホルダーだけの展示「足立拓人大キーホルダー展」