ゼロックススーパーカップで浦和レッズを下した鹿島アントラーズ【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

ゼロックス杯は鹿島が勝利。浦和は昨年のCSに続き敗れる

 シーズン開幕の前哨戦となるゼロックススーパーカップで、鹿島アントラーズは浦和レッズを3-2で下し、早くもひとつ目のタイトルを獲得した。昨年度のチャンピオンシップでも鹿島は浦和を下して優勝を手にしているが、年間勝ち点では浦和に大きく引き離されている。毎年一定の勝ち点しか得られていない鹿島に対し、浦和は年々勝ち点を増やし続けている。もし浦和が例年のような成績を残すことができれば、他のチームが追い越すことは難しくなりそうだ。

------------

 Jリーグの2017シーズンは、2016シーズンの最後を再現する形でスタート。鹿島アントラーズが浦和レッズとの接戦を制してまたひとつタイトルを手に入れた。

 先週のゼロックススーパーカップに3-2で勝利したアントラーズの勝ち方もまた、昨年のJ1タイトルを奪い去った時と酷似していた。試合を決めた鈴木優磨のゴールは試合終盤のレッズ守備陣のミスから生まれた。12月の試合で隙を突かれた槙野智章に続いて、今回の犠牲者となったのは遠藤航だった。

 昨年のJ1王者が、今季の公式戦初戦でも勝利を収めたことに驚きは全くない。これで9年続けて前年度のリーグ王者がスーパーカップのタイトルを獲得している。試合はいつも楽しめるものとなり、退屈を振り払って新シーズンのボールを動かし始めるにはちょうど良い機会だ。

 しかし、結果を深読みしすぎるべきではないことは誰もが理解している。大事なのはこの後に続いていく戦いである。タイトルを争うライバルチームとの一発勝負に勝利するのは滑り出しとして悪くないものではあるが、他のチームにも対処できる力を持つことも等しく重要となる。

 アントラーズを連覇の有力候補に挙げたくなる衝動もあるが、データをより細かに見てみれば、彼らが12月に9度目のJ1王者に戴冠するためには改善しなければならない部分が数多くあることも窺える。

 たびたび言及されてきたように、石井正忠監督のチームは年間勝ち点首位のレッズより15ポイントも少ない勝ち点で昨年のリーグ戦を終えたが、チャンピオンシップ決勝ではアウェイゴールによる劇的勝利でリーグタイトルを手に入れた。

驚くべき鹿島の毎年の成績…近年の勝ち点では優勝狙えず?

 だが今年は1ステージ制へ回帰する。それはつまり、“栄光への近道”は存在しなくなるということであり、意味を持つものは34節を戦い終えたあとの総合順位だけだ。

 レッズをはじめ、優勝を目指すその他のチームにとっては大いに勇気付けられる事実だ。アントラーズが年間勝ち点で苦戦したのは昨シーズンに限らず、過去数年間を通しての傾向だったからだ。

 アントラーズは2016年のリーグ戦で18勝5分11敗を記録し、獲得した勝ち点は59。2015年も同じく18勝5分11敗だった。その前年には18勝6分10敗。そして驚くべきことに、2013年も18勝5分11敗という成績だ。

 信じがたいほどに安定した数字であることはともかくとして、通常であればリーグを制覇するようなチームの成績ではない。事実として、J1が18チームに拡大されて以来、チャンピオンチームが獲得した勝ち点の最低ラインは「60」だった。シーズン最終日まで5チームが優勝の可能性を残していた、あの伝説の2005年の数字だ。最後の最後で優勝を勝ち取ったのは、ガンバ大阪だった。

厳しい戦いが続くことを理解する鹿島の選手たち

 そのことを踏まえ、2017シーズンにはこれまで以上に着実に結果を積み重ねていく必要があることを、アントラーズの選手たちも理解している。

「監督から特に新しい指示は何もありません。ですが、シーズンを通して高いレベルを維持しなければならないことはみんな分かっています」と西大伍はスーパーカップの試合後に話していた。

「そのためには、これまでより多くの選手たちの力が必要になります。良いメンバーはすでに揃っていますので、あとは監督やベテラン選手たちがそういうフィーリングを生み出して維持していくことができるかどうかです」

 ベンチスタートからの交代出場で決勝ゴールを挙げたことを意識してか、鈴木もチーム全体のレベルを上げていくべきだという考えに同意していた。「日程は厳しいので、チーム全員の力が必要になってきます」と20歳のストライカーは語る。

「11人の選手だけで勝つことは不可能だと思います。全員の協力が必要です。ゴールを決め続けていくのが僕の仕事なので、たくさん決めたいと思っています」。具体的な数字を目標に挙げることはなく、「たくさん」と述べるにとどめた。

毎年勝ち点を増やし続ける浦和。近年のような成績を残せれば…

 一方のレッズは昨年23勝5分6敗を記録し、リーグ史上最多タイとなる勝ち点74を獲得。2015年にも21勝を挙げて引き分けは9つ、敗戦はわずか4つという見事な成績だった。2014年は18勝8分8敗。浦和は勝ち点70以上を3度も積み上げた、Jリーグ唯一のチームだ。昨年も「あと一歩のチーム」のレッテルを払拭することはできなかったが、チームが年々向上していることは明白だ。

 しかし、選手たちが昨年の年間首位の成績で自信を強めたことは間違いないとしても、その奮闘に見合うリーグメダルを手に入れることはできていない。今季こそはそこを変えたいと決意を武藤雄樹は示した。

「僕らがベストチームだということ、今まで通りのモチベーションを持っていることを見せたいと思います」

「もちろん、(昨年度の鹿島より)15ポイントも多かったのにやられたということには、今でも悔しさが残っています。ですが、今年は順位表の首位チームがそのままチャンピオンです。シーズンを通して勝ち点を取れるようにして、1年の終わりにはレッズが笑っていられるようにしたいと思います」

 これから長い戦いとなるが、ミハイロ・ペトロヴィッチのチームが近年の成績に並ぶ数字を残すことができれば、彼ら以外のチームが先頭で2017年のゴールに到達するのは非常に難しいこととなりそうだ。

(取材・文:ショーン・キャロル)

text by ショーン・キャロル