シャイア・ラブーフが設置した動画配信カメラがある壁 twitterより

写真拡大 (全2枚)

俳優のシャイア・ラブーフが、反トランプ大統領の動画配信を中止したと発表した。

シャイアはトランプ大統領が先月20日にアメリカの大統領に就任してから、ニューヨークの映像ミュージアム「Museum of the Moving Image」で「He Will Not Divide Us(彼は私たちを分裂させない)」というライブストリームをスタート。「He Will Not Divide Us」と書いてある白い壁にカメラが設置され、人々がカメラに向かって「He Will Not Divide Us」とリピートすることを目的に作られた。その様子はトランプ大統領の任期4年の間24時間生配信される予定であった。この壁は現地時間18日にニューメキシコ州アルバカーキの「El Rey Theater」に移動している。

しかし、シャイアは現地時間23日にツイッターに「銃の発砲がこのエリアで起きたので、配信をやめました。僕たちのプロジェクトに参加するすべての人の安全が最も重要です」とつぶやいた。

シャイアは先月末にある男性がカメラに向かって何かを言ったことに激怒して、男性のマフラーを掴もうとした時にひっかいてしまったとして逮捕されていた。ニューヨークの映像ミュージアムから移動になったのは暴力の心配や複数の逮捕者の影響だったという。