小野大輔&神谷浩史、“伝説”を受け継ぐ意気込みを語り合う!

写真拡大

ヤマトが再び、発進する。不朽の名作「宇宙戦艦ヤマト」をリメイクし、劇場上映から全国ネットでのTV放送まで展開した『宇宙戦艦ヤマト2199』。このほど、続編となる完全新作シリーズ『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』(第一章は2月25日から)が劇場上映されることとなった。主人公の古代進を演じるのは、小野大輔。今回からオリジナルキャラクターとして登場するキーマンを演じる神谷浩史とともに、“伝説”を受け継ぐ意気込みを聞いた。

【写真を見る】小野大輔は、古代進という役に「運命的なものを感じている」と話す/[C]西崎義展/宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会

日本全土を熱狂させた映画『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』(78)をモチーフに、再びヤマトで戦うことになる乗組員たちの姿を描く本シリーズ。『 宇宙戦艦ヤマト2199 』の制作スタート時から、伝説的キャラクター・古代進役を任された小野は「日本のSFアニメの金字塔であり、誰もが知っている偉大な作品。ヤマトを背負って、古代進というキャラクターを演じることに、必要以上にプレッシャーを感じていました」と並々ならぬプレッシャーがあったと告白する。

古代については「信念にまっすぐに突き進む、男らしい男」と分析するが、旧シリーズの古代とは違った一面も感じていたと話す。「旧作での古代像というのは、熱血で猪突猛進で、とにかく前向きに使命に向かっていく存在として描かれていたと思います。でも『2199』での古代は、少し後ろ向きな部分があって。お兄さんのことを思う上で、ずっと葛藤を繰り返しながら艦に乗っている部分があったんです。古代は旅を経て成長し、最終的には艦を進める力になっていった」。

演じる上では、古代の葛藤を大事にしたと言う小野。「ただただ考えなしに進むのではなくて、しっかりと熟考し、試行錯誤した上で『ええい、ままよ!』と思い切りよく飛び出していくのが、僕が演じる古代進なのかなと思っています」。そういった面は「自分に近い部分がある」とも。「僕もいろいろと頭で考えて、結果『ええい、ままよ!』と飛び込んで行くことが多くて。古代のそういったところは、演じる上で大事にしている部分でもあり、自分に近いからこそ、僕が演じる意味がある部分だとも思っています。今となっては、古代という役にとても運命的なものを感じています」。

ガミラス星人の“キーマン”として、本シリーズから参加する神谷も「日本のアニメを語る上で、最初に名前が出てくるであろうタイトルであり、誰もが知っているタイトル」と「宇宙戦艦ヤマト」というタイトルの大きさについて言及。「どの作品にも等しく、自分の声を必要としてくれるものに対して全力で向かっていく姿勢は変わらない」とした上で、本シリーズに関われることが「猛烈に幸せ」と喜びを噛みしめる。

「『2199』がものすごく評価をされているのを目の当たりにしていて、やっぱりそれに負けたくないという思いもあります。なおかつ『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』というのは、ヤマトのなかでも最も評価が高い作品。あらゆるプレッシャーのなかで、羽原(信義)監督もシリーズ構成の福井晴敏さんも『もっとすごいものを見せてやろう』という思いで作っているはずです。この布陣で挑み、『間違いなく面白い作品になるに違いない』と確信できる作品に自分も関われていることが、猛烈に幸せです」。

さらには、彼のキャリアにおいても貴重な経験となっている。「おそらく福井さんの意思というものが、オリジナルキャラクターのキーマンを通して描かれていくんだと思うんです。それはもちろん、プレッシャーです。でも、まだ自分がやったことがないような役をいただけたり、プレッシャーを感じるような場所に放り込まれることは、役者としてとてもありがたい。ますます気が抜けないなと思っています」。

小野は、新たなヤマトの旅についてこう語る。「旧作のヤマトからずっと追いかけてくださっているファンのみなさんはもちろん、新しい世代の方々にも必ず楽しんでいただける普遍的なテーマを描いた作品。それはイコール、愛です。ヤマトが好きなスタッフ・キャスト一同が、ヤマト愛を注ぎ込んで、また新しい世代に渡していくような作品になるといいなと思っています。愛があればそれもきっと可能。僕たちのヤマト愛を感じていただければうれしいですし、ぜひ一緒にこの艦に乗ってほしいです」。【取材・文/成田おり枝】