英国のEU離脱、米国での共和党保守重商主義政権成立と、まさかの国益背反・逆ねじ投票結果が続くなか、フランスの大統領選で右派マリーヌ・ルペン候補が当選した場合、フランスのEU離脱、いわば「フレグジット」が現実化する可能性が検討されています。

 前回も触れた通り、覇権主義反対、フランスの独立を掲げ、マーストリヒト体制脱退を標榜する国民戦線が政権を担った場合、グローバル通貨ユーロからのフランスの撤退と古くて新しい通貨「フランスフラン」の復活という可能性が、決して絵空事でなく考えられます。

 ユーロ分解・・・。考えたくないシナリオですが、仮にそのようなことになれば、間違いなくドイツの経済力を背景とするユーロそのものが安値となり、また「新フランスフラン」は少なくとも当初はユーロより低価値から出発するしかありません。全面的な「欧州安」です。

 結果的に円は浮上せざるを得ないでしょう。

 他方、米国が保護貿易を徹底させるなら、ドル安ベースの政策展開は大きな可能性の1つと言わねばなりません。実際「ドルが高すぎる、もっと円高を」という圧力は様々な形で顔をのぞかせています。

 今回はユーロ〜フランスとドイツに焦点を合わせ「結果的に円高」という状況で、日本にどのような可能性、選択肢があり得るのか、あるいはかつてあり得たのか、といったケーススタディを検討してみましょう。

 前回も触れましたが、フランスは1870〜71年の普仏戦争でプロイセンに破れてしまいます。

 小ドイツ主義の盟主、プロイセンはナポレオン契い鯤疥困箸掘第2帝政は極めてみっともない形で崩壊、一応の第3共和制体制に移行しますが、敗戦国フランスに降ってきたのは多額の賠償金請求でした。

 なぜフランスは負けたのか?

 ナポレオン以来、騎馬にまたがって全欧を席捲した「諸国民解放の国民軍」は、ラ・マルセイエーズを高らかに歌い、ライフルを手に軽騎兵が疾走していました。

 そのフランス軍が、貨車に積んだガドリング連発機関砲や弾薬の兵站、食料から軍事医療まで、すべてが鉄道の物流網で銃後の支えが完璧だった、鉄血宰相ビスマルク率いるドイツの前に、全く歯が立ちませんでした。

 折しも明治4年、東アジアでは日本が近代国家の幼い産声を上げた直後に、「エスプリ」の気概だけは高らかで、その実は丸腰に近かったフランスは、ドイツ重工業近代装備の前にひとたまりもなく、ナポレオン契い梁牋漫畭狆譴箸箸發法▲廛蹈ぅ札鵑鯡措腓箸垢襯疋ぅ陳觜颪寮立という雪辱を目の当たりにします。

 ここで敗戦国フランスは何をしたか?

 戦争に負けても、賠償金を支払うために国も企業もビジネス展開せねばなりません。そんな中で打たれた策の1つが、東洋で長く国を閉ざしていた「黄金の国」からの富の搾取だったわけです。

 敗戦直後から第3共和制フランスは明治新政府の「顧問」として「様々なアドバイス」を行い、蒸気機関で動くフランス製「自動撚糸システム」を売りつけて東洋のカネをせしめ、官製の「模範工場」を設立、稼働させ始めます。

 言うまでもなく「富岡製糸場」のことです。「女工哀史」などと言っていますが、実はここで搾取されていた女工は、欧州で戦われ、敗戦で背負い込んだフランスの賠償金のために奴隷労働なみの重荷を背負わされていた。

 もちろん日本側にも買弁はいたわけですが、グローバルな経済システムの動きを見ずに。センチメンタルな「哀史」ばかり考えていても、近視眼すぎて2017年の参考にはなりません。

 江戸時代から上州や埼玉で産出されていた上質な生糸は、繭玉からいきなり、蒸気稼働の撚糸機械で西洋被服の糸として製品化され、時差なく欧州へと輸出されました。

 フランスはここでも「あつものに懲りて膾を吹」きます。

 富岡や高崎で作られた絹糸、生糸は日本最初の民間鉄道「高崎線」で熊谷〜赤羽へと運ばれ、縁起が悪いために空き地になっていた荒川・隅田川の合流息「小塚っ原」に運ばれます。

 明治以前は200年来、首切り処刑が行われていた場所ですね。私のコラムの長い読者の方向けに補足すれば、実はこの話題は「江戸の三色不動」のシリーズに直結しています。

 またこの、刑場跡地付近を近代合理主義が容赦なく活用した「隅田川貨物駅」から、船で積荷されて横浜まで運ばれるタイムロスを待つ忍耐が、フランスの「エスプリ」にはありませんでした。

 中仙道を江戸市中に入る入り口、板橋宿から都市部に入らず、外周を山沿いに迂回して、青梅街道中野坂上、甲州街道内藤新宿、中原街道目黒五反田と南下して東海道北品川宿までバイパスを作れば、そこから横浜まで真っ直ぐ生糸を運べます。

 こうやって誕生したのが「山手線」という連載のシリーズと、ここで話がつながっているわけです。

 「まあるい緑の山手線」の背景には、ドイツでいち早く進んだ鉄血宰相の物流ネットワークと、それでボロ負けした反動によってフランスで沸騰した鉄道投機熱、そして敗戦賠償金を回収するため、ヒステリックに強行された「富岡製糸場」以下、日本の軽工業化による欧州経済下部への組み込みがあった。

 類似する構造をいくらでも21世紀に指摘できるわけですが、それは少し後に回して、ここでは「ネットワーク化」の本線を掘り下げてみます。

国民国家と近代軍備

 ドイツの諸領邦では欧州大陸側で1830年代から鉄道網を敷設し、いち早く兵站のネットワークを完備し始めていました。

 列車に水や食料、兵員と機関砲など重火器を乗せて多面展開。これに対して、ナポレオンよろしく騎馬に跨り、シャスポーライフルでエスプリ高く飛び込んでくるフランス兵はまともに立ち向かえるわけもなく、五月雨式に撃ち殺されてしまいます。

 実はこれと似たことが日本でも数年後に起きます。鉄道網こそ完備していませんでしたが、戊辰戦争を「チェストー」と叫んで気力で勝った薩摩や佐賀などの「志士」たちは、西南戦争に代表される不平士族反乱で、明治政府軍が導入した近代重火器の前に、あえなく倒れて死滅します。

 明治10=1877年、何とか国内の反乱勢力を抑え切った新政府は、財政的にはほぼ失敗国家状態から再出発(松方デフレ政策などで対抗)、明治22年(1889)には大日本帝国憲法が制定され、その20条として、

20 日本臣民ハ法律ノ定ムル所ニ従ヒ兵役ノ義務ヲ有ス

 として「国民皆兵」の義務が明記され、2年後の明治27(=1894)年には日清戦争を起こしてこれに勝利しています。

 軍事や戦史に全く詳しくありませんが、このときの陸上軍備は基本的に、西南戦争に勝利したのと同じレベルの火器が用いられ、やがて三十式、三八式と世代交代、八幡製鉄所の開業とともに本格的に重工業近代国家を目指して日露戦争、第1次世界大戦と進んで行くのがアウトラインと思います。

 と言うとき、この「大日本帝国憲法」の「臣民」が問題になるわけです。

 町方名主の家に末子として生まれた夏目金之助は「砂利でうがいする」と称して「漱石」を号にする偏屈者でした。

 しかし、「四民平等」は百姓農民も商人工員もみな「武士」と同列になり、そこで武器も手にして自衛し、精神的に一本立ちするもの、と当初は喜んだ。本人は「北海道平民夏目金之助」を選択とも伝えられます。

 がその実はどうだったか。

 自分で道具を手にして立ち上がるという内発的な動機がある米国の独立、フランスの革命などに比べ、日清・日露の戦争で海外に出張って戦争して金儲けする・・・。「内発的な動機はいったいどこにあるのか!」という怒りですね。

 国家のご都合で拡張する覇権主義に対して、漱石はあくまで警鐘を鳴らします。

 実はこれと共通するものが、2017年からの米国共和党右派・重商主義新政権の指針にも、フランスの右派大統領候補の公約案にも見て取れます。

 「世界の警察官」を自認していた米国が、カビの生えたモンロー主義など持ち出して引き篭もりになるのは、覇権にもお金がかかりますという台所事情から、フランスのFNも中東などグローバルな紛争への影響行使に消極的なのは財政基盤が主要な理由の1つでしょう。

 数度にわたる「国民軍」の変質を21世紀の文脈で直視するのが重要と思います。

 私は別段右翼でも左翼でもなく、非戦は徹底してハト派の考えですが、アフリカ紛争地域で遺体の山なども見てしまい、紛争の前線がどういう現実かは一定の認識も持つようにしています。

 漱石が言う意味での「内発的な」国民軍が、覇権的な金儲けに走ることなく、治安維持など自衛に徹するべきだ、外で戦争で金儲けしている奴は、自分たちだけで利益を独占するな、というのが、米国やフランスで台頭する保守右派と、夏目金之助の主張の共通部分であるように思います。

 どうかご注意いただきたいのですが、私はここで「トランプ阿呆」「ルペン問題外」といった意味のない決めつけた議論をしていません。選挙の顔というのはあくまで集票のためのキャラに過ぎません。現実の政治はもっと冷徹な利害で動くと見るべきです。

 では、かつて「明治の体制批判型右派」であった夏目漱石にせよ、米仏昨今の傾向にせよ、何が欠けているのでしょうか?

 ローカルな安心立命(と言うか営利と言うか帳簿が合うと言うか)を露骨に全面に出して生活の厳しい層から多数の票を集め、グローバルなバランス(パワーバランスから地球温暖化のような自然現象まで)には徹底して無関心という「アンバランス」が、1つの特徴になっているように思います。

 夏目漱石という人は、文豪、日本近代知の端緒のように美化されやすい傾向がありますが、明治維新の年に生まれて大正初期に49歳で亡くなった人です。

 辛亥革命(1911-12)はかろうじて知っていてもロシア革命(1917)も第1次世界大戦の終結(1918)も、シベリア出兵も金融大恐慌もファシズムもホロコーストも原爆も、すべて知ることなく、早くにこの世を去っている。

 死んだ人のことですから、無理は言えません。と同時に、漱石の見た世界像で、1945年以降のグローバルバランスを考えようとしても、無理があるのも当然でしょう。

 トランプ大統領やルペン候補の言い分で、一定理解もできる部分があるとすれば、それは夏目漱石に通じる「小さな則天去私」と思うのが妥当でしょう。

 則天去私とは、小さな私心にとらわれることなく、天命に任せて生きるという、漱石が晩年に理想とした境地とされる言葉です。なるほど、美しく響きます。

 しかし、パイプラインを敷き直し、石油を燃やしまくって「則天去私」では、成立することとしないことがある。悪くすれば、「即天」は「思考停止」に、「去私」は「無責任」につながりかねないことも、意識しておかねばなりません。

 グローバルなバランスの維持と主体的な判断に対する「思考停止」と「無責任」こそが、現下の右傾化に対して2017年初頭時点で私が最も憂慮する側面であることを日付とともに記して、右傾化や軍備増強などの「選択肢」からも目を背けず、21世紀の現状を引き続き検討してみましょう。

(つづく)

筆者:伊東 乾