イオンモール幕張新都心内にオープンする「カンドゥースタジオ」のイメージ

写真拡大

日本有数の商業施設イオンモール幕張新都心内(千葉市美浜区)に2017年3月3日、日本初のユーチューバー(YouTuber)体験施設「カンドゥースタジオ」がオープンする。

定員に余裕があれば大人も参加可

ユーチューバーとは、動画共有サイトYouTubeに自作の動画を投稿して、広告収入を得ている人のこと。いわばインターネット上の芸能人で、世界には10億円を超える年収を稼ぐケースもあるとか。将来なりたい職業として憧れる小学生も少なくないという。

「カンドゥースタジオ」は職業体験テーマパークカンドゥーの一角に設けられ、プロ用機材を備えた2つのスタジオで構成される。ここの主人公は子どもたちだ。情報を伝えるニュースキャスター、人気の曲を踊るパフォーマー、自分のペースで商品を紹介する実況者になりきれる。撮影した動画をYouTube内の「カンドゥーチャンネル」に投稿することで、世界中に発信する仕組みも用意されている。動画に効果音やテロップを挿入する編集ブースもある。

このテーマパークには、カンドゥースタジオのほかラジオ局、宅配センター、警察署、旅行会社、カフェ、銀行、ビューティーサロン、救命救急、歯科医院、アイスクリームショップ――と、30種類以上のプログラムがラインナップ。職業体験は第1部(10時〜14時30分)と第2部(15時30分〜20時)の完全入替制で、定員枠に余裕があるときは大人も参加することが可能(一部のプログラムを除く)。詳細は公式サイトまで。