23日、新快報によると、広東省広州市で、1歳5カ月のわが子を5万元で友人へ売り渡した夫婦が逮捕された。

写真拡大

2017年2月23日、新快報によると、広東省広州市で、1歳5カ月のわが子を5万元(約82万円)で友人へ売り渡した夫婦が逮捕された。

広州市白雲区に住む謝(シエ)容疑者と妻の江(ジアン)容疑者には3人の子どもがいたが、生活は苦しく、3番目の子どもは中国の計画出産政策(1組の夫婦に子どもは2人まで)に違反するため、友人の楊(ヤン、女性)容疑者に悩みを打ち明けた。楊容疑者は自分の親戚夫婦が子どもを欲しがっていることを伝え、相談の結果、16日夜に謝容疑者らは5万元と引き換えに1歳5カ月になるわが子を楊容疑者に引き渡した。

その後、後悔した江容疑者は楊容疑者に連絡して子どもを取り戻そうとするが、5万元の返金以外に手間賃5000元(約8万2000円)を要求される。5万元はすでに家具や電化製品、携帯電話の購入に使ってしまっていた。

19日午前11時、江容疑者は白雲区の太和派出所へ通報し、子どもの捜索を依頼。警察は直ちに対策本部を設置した。28時間にわたる懸命な捜査の結果、20日午後3時、広州市内の住宅地で相手方の夫婦を逮捕、子どもも無事保護された。通報した謝、江両容疑者も同時に逮捕され、20日午後6時には仲介役の楊容疑者も太和派出所へ出頭した。現在、5人は白雲警察署内で取り調べを受けているという。

自分の子を売り渡すことや、人身売買の仲介・資金提供は中国でも犯罪だ。2010年に最高人民裁判所、最高人民検察庁、公安部、司法部が合同で発行した『法による婦女児童人身売買罪の処罰に関する意見』では、「不法に利益を得る目的で、自分の子を売り渡した場合は、婦女児童売買罪として処罰する」と規定されている。(翻訳・編集/村崎)