日本生まれのスーパー戦隊『パワーレンジャー』の最新映像が解禁

写真拡大

日米ハイブリッド大作『パワーレンジャー』の最新映像が解禁された。

日本人なら誰もが知るゥ后璽僉疾鐶磅イ、ハリウッドで総製作費120億円の圧倒的スケールで映画化された。ベースとなるのは東映が世界に誇るスーパー戦隊シリーズで、1993年に英語版ローカライズとして誕生した。

解禁された最新映像では、それぞれのカラーのアーマーに身を包んだ5人、リーダーのレッド・レンジャー、相棒メカ=ゾードに乗り興奮するピンク・レンジャー、巨大な敵に果敢に挑むイエロー・レンジャーなど、5人のレンジャーたちの胸躍るバトルシーンが次々と繰り広げられる。

主人公は、不思議な輝きを放つコインを見つけたことから体に異変が起き、驚異的なパワーを手にした平凡な5人の高校生たち。手に入れた力の大きさに戸惑いながら、ある巨大な宇宙船にたどり着いた彼らが出会ったのは「君たち5人は、ゥ僖錙璽譽鵐献磧囚イ澄廖崟錣い妨け、力を得るのだ」と二次元空間から彼らに語りかけるゾードンと、「期待外れの連中だ」と5人に言い放つ奇妙な機械生命体・アルファ5だ。

リーダーのジェイソン/レッド・レンジャーを演じるのは、本作でハリウッドデビューを飾った、次期ヒュー・ジャックマンの呼び声も高いデイカー・モンゴメリー。トリニー/イエロー・レンジャー役にはローリングストーン誌のゥ櫂奪廛ルチャーを揺さぶる18人のティーンイ1人に選ばれ、全米で大ブレイク中の大注目新人シンガー、ベッキー・G。さらに機械生命体・アルファ5を、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』BB-8の声を務めたビル・ヘイダーが務める。製作陣には、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』『ワイルド・スピード』シリーズのスタッフが名を連ねている。

『パワーレンジャー』
監督:ディーン・イズラライト
脚本:ジョン・ゲイティンズ(『フライト』『キングコング: 髑髏島の巨神』『リアル・スティール』)/アシュリー・ミラー(『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』『マイティ・ソー』) /
音楽:ブライアン・タイラー(『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』「ワイルド・スピード SKY MISSION」シリーズ)
キャスト:デイカー・モンゴメリー、ナオミ・スコット、RJ・サイラー、ベッキー・G、ルディ・リン、ビル・ヘイダー(『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』)、ビル・ヘイダー(『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』)/ブライアン・クランストン(「ブレイキング・バッド」『GODZILLA ゴジラ』『トータル・リコール』)、エリザベス・バンクス(『スパイダーマン』、『ピッチ・パーフェクト』シリーズ)
7月15日(土)より 全国で公開。
http://www.power-rangers.jp