画像

写真拡大 (全2枚)

 LINEは、「LINE ビジネスコネクト」において、導入実績に応じてパートナーをランク認定・表彰する「LINE ビジネスコネクト パートナーアワードプログラム」を開始した。

 「LINE ビジネスコネクト」は、導入企業が独自にシステムの開発・改修をする必要がある。そのため、LINEは「LINE ビジネスコネクト」対応ソリューション提供企業を公式パートナーとして認定する「LINE ビジネスコネクト パートナープログラム」を設け、2017年2月時点で13社の公式パートナーを認定している。

 今回、「LINE ビジネスコネクト」の導入および対応ソリューション開発のさらなる推進を目的に、公式パートナーの中から前年度の導入実績に応じてランク認定・表彰する「LINE ビジネスコネクト パートナーアワードプログラム」を開始する。

 同プログラムは、対象期間の1)開設アカウント数(期間内に終了している案件を除く)、2)売上実績の2つの審査基準で順位付けを行い、順位の合計数が少ないパートナー上位2社を最上位のプラチナパートナー、続く3社を次点のゴールドパートナーとして認定・表彰するもの。認定・表彰各社には、ランクに応じて、営業支援・開発支援・機会提供などの特典が付与される。

 昨年の集計を行った結果、2017年度のプラチナパートナーとして、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム、セールスフォース・ドットコムの2社が、同ゴールドパートナーとして、オプト、電通アイソバー、トランスコスモスの3社が決定した。

MarkeZine編集部[著]