製作費120億円「パワーレンジャー」予告映像

写真拡大

“メイド・イン・ジャパン”のヒーローを総製作費120億円の圧倒的スケールで描く、日米ハイブリッド超大作「パワーレンジャー」。その本予告映像が、このたび解禁となった(https://www.youtube.com/watch?v=TeNdk-Y7g94)。

本予告編映像で描かれるのは、とある場所で不思議な輝きを放つコインを見つけたことから体に異変が起き、驚異的なパワーを手にした主人公ジェイソンらごく平凡な5人の高校生。彼らに共通するのは、同じ時間に同じ場所にいたこと。大いなる運命によって選ばれ、手に入れた力の大きさに戸惑いながら、ある巨大な宇宙船にたどり着いた彼らが出会ったのは「君たち5人は、“パワーレンジャー”だ」「戦いに向け、力を得るのだ」と二次元空間から彼らに語りかけるゾードンと、「期待外れの連中だ」と5人に言い放つ奇妙な機械生命体・アルファ5だ。

そして、彼らの前に現れた地球制服を企む悪の戦士・リタ。凶悪な彼女の攻撃が激しさを増し、巨体な敵によって街中が混乱に陥ったとき、ついにパワーレンジャーに変身した5人の姿が。それぞれのカラーのアーマーに身を包んだ5人を率いるリーダーのレッド・レンジャー、相棒メカ=“ゾード”に乗り興奮を隠せないピンク・レンジャー、巨大な敵を前に果敢に挑むイエロー・レンジャーなど5人のレンジャーたちの胸躍るバトルシーンが次々と繰り広げられる。

さらに、映像の最後にはレンジャーたちが操る5体の相棒メカ=“ゾード”が合体したロボ、“メガゾード”の姿も明らかに。日本のスーパー戦隊をベースに、ハリウッドの最新技術を駆使して生まれ変わったジャパニーズ・ヒーローたちが本編ではどんな戦いを見せてくれるのか、スケール感あふれる映像に今から期待が高まる内容となっている。

映画「パワーレンジャー」は7月15日、日本上陸。