中川大志がラップを初披露「夜も眠れません」

写真拡大

俳優の中川大志(18歳)が、女優・平祐奈(18歳)と共に主演を務めた映画「ReLIFE リライフ」の主題歌で、ラップを初披露していることがわかった。

同作の主題歌とエンディングテーマは、女子高校生を中心に絶大な支持を集めるシンガーソングライターの井上苑子が担当。主題歌は、原作ファンであった井上が本作のために書き下ろした新曲「メッセージ」(4月12日発売)、エンディングテーマにはケツメイシの名曲「さくら」の井上によるカバーが起用されている。

そして今回、「さくら」のラップパートを、役名の“海崎新太”名義で、主演の中川が担当。このたびそのラップを初披露している「『ReLIFE リライフ』スペシャル・コラボ映像」(https://www.youtube.com/watch?v=mL062UFzAH8)が解禁となった。

中川はラップを歌ったことについて、次のようにコメントしている。

「ある日突然プロデューサーさんから、『大志ラップできるか?』と聞かれまして、わけもわからず、ふたを開けてみたらまさか映画のエンディングテーマ『さくら』のラップを歌ってくれないかということでした。これまでラップはあまりやったことがなかったので、このお話を聞いた時すごくビックリしました。
今回、フィーチャリング海崎新太ということで、海崎として思いを込めて、井上苑子さんの歌声と、ケツメイシさんのこの曲をとにかく邪魔しないように、少しでも盛り上げられるように、一生懸命歌いました。
この曲が、エンドロールで流れると思うと、もう夜も眠れません。とにかく、全力で歌いました。それだけです」

映画「ReLIFE リライフ」は4月15日、全国ロードショー。