簡単かわいいスイーツ!「苺とヨーグルトのヘルシーゼリー」の作り方

写真拡大

苺とヨーグルトを使用したヘルシーで簡単なゼリーの作り方をご紹介します。二層になっていますが、作り方はいたって簡単です。下の段のヨーグルトゼリーと苺の層の甘酸っぱいゼリーとの食感の違いを楽しむことができるスイーツです。

【 写真入り記事は関連記事 「元記事」 からチェック! 】

■ 材料(直径7cmの容器4個分)

◎ ヨーグルトゼリー

・プレーンヨーグルト(無糖):150g
・牛乳:100cc
・レモン汁:小さじ1杯
・粉寒天:3g(小さじ1杯半)
・砂糖:大さじ2杯

◎ 苺のレモンゼリー

・苺(とちおとめ):20粒
・水:200cc
・粉寒天:2g(小さじ1杯)
・レモン汁:大さじ1杯
・砂糖:大さじ3杯

苺の品種は何でもかまいませんが、小さめの苺の方がデコレーションしやすくバランスもよく仕上がるのでおすすめです。

■ 苺とヨーグルトのヘルシーゼリー

◎ STEP1:苺をカットする

苺をよく洗ったら、へたを取り除き、縦半分に包丁で切ります。

◎ STEP2:ヨーグルトゼリーを作る

牛乳を鍋に入れ、弱火で沸騰するまで1分少々火にかけます。牛乳が温まったら、粉寒天、砂糖、レモン汁の順で加えていきます。よくヘラでかき混ぜ、粉寒天が完全に溶けたら、砂糖を入れます。砂糖が溶けたら、レモン汁を加えてください。最後にヨーグルトを混ぜ、しっかりとゼリー液になじませます。

◎ STEP3:ヨーグルトゼリーを容器に移す

ヨーグルトゼリーを容器にお玉かスプーンを使って移します。容器に入れたら、冷蔵庫で10分程度冷やしましょう。上にいちごとレモンゼリーを乗せるので、ヨーグルトゼリーを入れる量は、容器の背の高さの半分程度までにしてください。

◎ STEP4:レモンゼリーを作る

鍋に水と粉寒天を入れ、弱火で粉寒天が完全に溶けるまで2〜3分程度煮込みます。粉寒天が溶けたら、砂糖を入れ、砂糖が溶けたらレモン汁を最後に加えてください。これでレモンゼリーの原液の完成です。

◎ STEP5:ヨーグルトゼリーの上に苺をデコレーションする

冷蔵庫からヨーグルトゼリーを取り出し、ゼリー液が固まっているのを確認したら、その上に苺を乗せていきます。容器の側面に沿うように、カットした苺を円状に並べていきます。

苺の数は、容器の大きさによって使用する数が多少変わってきますので、容器に合わせてくださいね。容器の中側面が苺でデコレーションできたら、円の中央の空いている場所に苺を立たせるように置いていきます。

◎ STEP6:レモンゼリー液をかける

苺のデコレーションが終わったら、先ほど鍋に作っておいたレモンゼリー液を苺にまわしかけます。苺の高さほどにレモンゼリー液をかけ終わったら、冷蔵庫で冷やします。

◎ STEP7:完成

冷蔵庫で15分ほど冷やせば、苺とヨーグルトのヘルシーゼリーの完成です。

■ 作る際の注意点

ヨーグルトゼリーが固まる前に苺やレモンゼリーを容器に入れてしまうと、二層にわかれず、材料が混ざってしまう可能性があります。ヨーグルトゼリーが固まったことを確認してから、苺とレモンゼリー液は容器に移すようにしてください。

■ おわりに

寒天は食物繊維が豊富な食材であり、ヨーグルトも胃腸の調子を整える効果があることから、お腹に優しいヘルシーレシピです。ダイエット中に甘いものが食べたくなってしまったときやさっぱりとしたデザートを食べたいときにもおすすめです。ぜひ参考にしてくださいね。

(image by 筆者)
(著:nanapiユーザー・ねこときどき)