ギャンブル産業も成長分野になる(写真:アフロ)

写真拡大

 日本経済の不調が長らく唱えられているが、停滞ムード漂う世界の中で、日本だけが元気だという論文を欧米の経済誌や外交誌が相次いで掲載している。双日総研チーフエコノミストで、『気づいたら先頭に立っていた日本経済』(新潮新書)の著者・吉崎達彦氏が、不思議に安定している日本がこれから取り組むべき第4次産業の拡大と、「遊民経済学」について解説する。

 * * *
 日本が当面増え続ける社会保障費を工面するためには、GDPの成長が欠かせない。そこで成長が見込める新産業が必要になるのだが、私が声を大にして言いたいのが、「遊び」「エンタメ」の重要性だ。

 お役所仕事のように渋々やらなきゃいけないサービス業をこれまで通り第3次産業と呼び、お客さんがニコニコしているものを第4次産業と呼ぶことにする。この第4次産業を拡大すること。これが私の提唱する「遊民経済学」の根幹だ。

 その一例としてギャンブルがある。何を隠そう、私は毎週末通うほどの競馬好きだ。私は競馬などのギャンブル産業も、成長分野になると考えている。

 通称カジノ法ことIR法が成立し、実現に向けて本格的な議論が始まった。カジノを含む大型リゾート施設を東京圏と大阪の2か所に設置することの経済効果は、直接的なものだけで2兆円にのぼるとみられている。依存症の問題や治安悪化などが懸念されているが、新しいものには多かれ少なかれ拒否反応は出るものである。日本的なおもてなしの精神を加味して育てていけば、ギャンブルも有望な成長分野になるだろう。

 ツーリズムもインバウンド市場の活況により成長産業としての可能性が再認識されている。せっかく新幹線網、高速道路網がこれだけできたのだから、日本人もそれを使ってもっと遊べばいい。自分自身が遊ぶことで、「遊び需要」を喚起する仕事のアイデアも浮かぶというものだ。

 ただ、いくら「もっと遊ぼうよ」と言ったところで、真面目な日本人には老後の不安から抜け出せない心理的バリアがあるのも確かだ。しかし、そんな日本人の特性はそれほど伝統的なものではない。江戸時代後期に成立した落語の三遊亭一門の「三遊」とは、「飲む、打つ、買う」に由来する。私たちにはそういう遊びのDNAも受け継がれている。今やるべきは、働き方改革より「遊び方改革」なのだ。

 遊民経済学の範疇には観光やギャンブル、エンタメ産業はもちろん、冒頭に述べた飲食業、「感動」という意味では冠婚葬祭業界も含まれる。このように考えていくと、「遊び」をキーワードにすれば、もっと開拓可能なフロンティアはあるはずだ。これまでのやり方を変えて、独自な道を行くと覚悟を決めれば、日本がこれからも世界の先頭を走っていくことは十分可能だろう。  

●よしざき・たつひこ/1960年富山県生まれ。一橋大学社会学部卒業後、日商岩井(現・双日)に入社。ブルッキングス研究所客員研究員、経済同友会代表幹事秘書などを経て現職。著書に『アメリカの論理』『1985年』(いずれも新潮新書)などがある。

※SAPIO2017年3月号