2017シーズン 選手の補強一覧

写真拡大 (全2枚)

吉田体制は終盤に終焉。何とかJ1残留を勝ち取る

 フットボールチャンネル編集部では、Jリーグ開幕に向けて各J1クラブの補強動向を診断していく。今季の目標に向けて、効果的な補強を行うことができたクラブはどこなのか。今回は、昨季の年間勝ち点で15位だったアルビレックス新潟を占う。

------------

 2016シーズン前、柏レイソルを率いていた吉田達磨監督が就任。ボールを保持し、積極的に攻撃を仕掛けていくスタイルで新たなスタートを切った。

 しかし、吉田監督のスタイルはなかなかチームに根付かず苦戦を強いられることに。2ndステージでは2度の4連敗を喫し、残り4節という段階で吉田監督はチームを去った。後任として片渕浩一郎コーチが監督に昇格し、監督交代初戦のジュビロ磐田戦で勝利を収めた。

 ラスト3試合でも3連敗とチームは波に乗れなかったものの、得失点差で何とかJ1残留を勝ち取った。2017年からは片淵氏はコーチへと復帰し、新監督にはかつて新潟でコーチを務め、昨シーズンは長野パルセイロを率いていた三浦文丈氏が就任した。

外国人選手が入れ替わり…彼らの活躍が残留のカギに

 チームは転換期を迎えている。レオ・シルバとラファエル・シルバの“Wシルバ”をはじめ、松原健、舞行龍ジェームズ、小林裕紀など昨シーズンまでの主力がこぞって移籍。三浦新監督が多くの新加入選手とともに、新潟らしいサッカーを取り戻す作業を行うことになる。

 GKでは2014年のギラヴァンツ北九州6位進出の立役者である大谷幸輝が浦和レッズから完全移籍で加入。正GKである守田達弥とのレベルの高いレギュラー争いに注目が集まる。

 また、ジェフ千葉からは富澤清太郎が加入。名古屋グランパスからは矢野貴章が5年ぶりに復帰した。14年連続のJ1残留に向け、経験豊富な2選手にかかる期待は大きい。

 レオ・シルバ、ラファエル・シルバ、コルテースといった外国人選手が抜け、新たにホニ、チアゴ・ガリャルド、ジャン・パトリックというブラジル人プレーヤーが3人やってきた。

 過去にもエジミウソンやファビーニョ、マルシオ・リシャルデスなど外国人選手の活躍がチームの成績に直結してきただけに、彼ら3人がどれだけチームに馴染み、爆発できるかは大きなポイントになりそうだ。

まずは残留を。チームの歴史を知る3人の存在はプラスの残量に

 J2降格より1つだけ上の15位という順位が2シーズン続いていることから、まずは安定した戦いを見せて確実にJ1残留を勝ち取ることが大きな目標となる。そのためにも新潟らしいハードワークや堅守を取り戻したいところだ。

 この点においては、かつて新潟でコーチをしていた経験もある三浦新監督に加え、矢野、栃木SCから復帰した本間勲もいる。新潟のスタイルを知っている人材がチームにいることはプラス材料となるはず。

 一方で戦力の入れ替えも多く、主力として期待されるブラジル人3選手は日本での初めてのプレー。軸となる戦い方を見出せず、3選手がJリーグに馴染めなかった場合は今季も苦しい戦いを強いられることになるかもしれない。

 今季J1に昇格してきた3チームは継続性もあり、J1の中位クラスとそう変わらない戦力を持っている。三浦監督も監督歴は昨季の長野での1シーズンのみで、J1での指揮は初めてとなるだけに経験不足は否めない。

 新潟のスタイルを取り戻し、戦いの軸を見つけ出すことでまずは残留を勝ち取り、上位進出を目指したいところだ。

診断

補強診断 D

 多くの主力が移籍し、新たに獲得した選手の中でJ1での実績を持つ選手はそう多くはない。選手の入れ替えが行われ、戦術の浸透や相互理解に時間を要する可能性もある。ブラジルからやって来た3選手もJリーグでどこまでやれるかは未知数な部分が大きいだけに、矢野や本間といった新潟の歴史を知る選手が復帰したのは大きい。

総合力診断 D

 2シーズン連続15位でシーズンを終えたことを考えると、まずはJ1残留を確実に達成することが最大のミッションとなりそうだ。今季のJ1はどのチームも層が厚く、残留争いも熾烈になることが予想される。三浦監督のもと自慢の“残留力”で1つでも上の順位を目指していきたい。

text by 編集部