虹のコンキスタドール・根本凪が、「佳代子の部屋〜真夜中のゲーム会議〜」の「第1回 新人宣伝部員発掘オーディション」に挑んだ

写真拡大

虹のコンキスタドール・根本凪が2月23日、フジテレビ「佳代子の部屋〜真夜中のゲーム会議〜」に出演。“番組最年少17歳”として「第1回 新人宣伝部員発掘オーディション!」に挑んだ。

【写真を見る】虹のコンキスタドールは'17年4月26日(水)、メジャーデビューが決定している

■ ねものアピールポイントは“童顔巨乳”!?

根本(17歳、Gカップ)は、野々宮ミカ(24歳、Gカップ)、夏目芽依(25歳、Iカップ)に続いて登場。自己紹介では野々宮の“芸人ノリ”、夏目の“元保育士的エロカワイさ”に対して、根本は“童顔巨乳”でアピールする。

でんぱ組.incの生みの親で、虹のコンキスタドールも手掛けるアイドルプロデューサー・もふくちゃん(福嶋麻衣子)は、根本を「私が送り込んだ黒船です!」と紹介。「私が見たいのは、高校生のおっぱい」と褒めちぎった。

■ ねもVS“オトナ巨乳”! 大久保佳代子の評価は?

その後、根本は「中学生のときに体育の時間でやって、郡を抜いて早かった」という特技の“ほふく前進”で現役宣伝部員2人と対決することに。園都(24歳、Gカップ)、藤田恵名(26歳、Fカップ)という“オトナ巨乳”を相手に「Gカップは2人もいらない」とやる気を見せる根本は、年上の2人を圧倒。見事1位でゴールし、「やりました! ありがとうございます!!」と寝そべりながら笑顔で話し、喜びの舞を踊った。

ほふく前進レースのVTRを見たMCの大久保佳代子は、「若さとフレッシュさはあるね!」と絶賛。「おばさんたち、大したことなかったでしょ?」と聞かれ、根本は「藤田さんといい勝負で。追い上げがスゴくて…」と回答。持ち前の礼儀正しさを見せるが、藤田から「せめて恵名さんで…」と頼まれてしまい恐縮していた。

オーディションの結果、大久保は「3人とも、すごくいい」と感想を語り、全員が仮採用となった。