ドラマ「あなたのことはそれほど」で“大人の4角関係”を演じるキャスト陣 - 東出昌大、波瑠、鈴木伸之、仲里依紗
 - (C)TBS

写真拡大

 いくえみ綾の漫画「あなたのことはそれほど」がTBSでドラマ化され、結婚していながらも中学時代の「運命の人」への思いを燃え上がらせてしまうヒロイン・渡辺美都役で女優の波瑠が主演を務めることが発表された。また彼女と共に“大人の4角関係”を繰り広げるキャストとして、東出昌大、仲里依紗、鈴木伸之が決定したことが明らかになった。

 本作は、「バラ色の明日」「潔く柔く」などのいくえみの作品を初めて連続ドラマ化する作品。“2番目に好きな人”と結婚した美都を中心に、二組の夫婦のマリッジライフと四者四様に揺れる恋愛模様を、予測不能な展開で繰り広げていく。美都と結婚し不倫されたと知っても妻を愛し責めない夫・渡辺涼太役を東出が、美都の初恋相手で彼女と偶然再会してしまう既婚者の有島光軌役を鈴木が、そして浮気をしている夫を手のひらで転がす光軌の妻・有島麗華役を仲が務める。

 主演の波瑠は、「今回演じさせていただくのは、自分の憧れのようなものに正しくはないとわかっていても突き進まずにはいられないような女性です。とても素直で愚かな彼女に共感したり、馬鹿だなぁなんて思いながら観ていただけるように頑張りたいと思います」と意気込み。佐藤敦司プロデューサーは、「これまでとは異なる役柄で新境地に挑む波瑠さんと東出さんの共演にもご期待ください!」と波瑠らが新しい一面をのぞかせていることをアピールしていた。

 原作者のいくえみは「誰にも感情移入せずに淡々と描いているお話ですが、ドラマをご覧になる方たちは登場人物の誰にどんな感情を抱くのか、また役者さんたちがどのように演じてくれるのか、とても楽しみにしています」とコメントを寄せている。(編集部・井本早紀)

ドラマ「あなたのことはそれほど」はTBS系で4月スタート(毎週火曜よる22:00〜22:54放送)