石川遼はパースタート(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<ザ・ホンダ・クラシック 初日◇23日◇PGAナショナル(7,140ヤード・パー70)>
フロリダ州にあるPGAナショナルで開幕した、米国男子ツアー「ザ・ホンダ・クラシック」。日本勢で唯一出場する石川遼はOUTコースからスタートし、4番までをパープレーで終えている。
【関連】米国男子ツアーの熱戦をフォトギャラリーでプレーバック
昨年は欠場した今大会。1番から出た石川はティショットでフェアウェイをとらえてPGAツアー屈指の難コースとの戦いをスタート。2番パー4はティショットを右に曲げてセカンドはグリーンを外すもパーをセーブするなどまずは静かなスタートを切っている。
現時点で1位は4アンダーまで伸ばしているコディ・グリブルとベン・クレーン(米国)。ディフェンディングチャンピオンのアダム・スコット(オーストラリア)は7ホールを終えて1アンダーとしている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

リーダーボードで速報中!詳しい順位をチェック
油断を反省…石川遼、不振のアイアンに「本当に1打1打集中」
石川遼のオッズは251倍、昨年覇者A・スコットが優勝1番手
石川遼がロフト64度のウェッジをバッグに入れた理由とは?
キャロウェイ GBB EPICドライバー編 【動画】