サービス概要(楽天の発表資料より)

写真拡大

 楽天は23日、空き駐車場を貸したいオーナーと駐車場を探すドライバーのマッチングプラットフォームを提供する駐車場シェアリングサービス「ラクパ」を開始すると発表した。

【競争は激化か】駐車場シェアサービスの覇権争いが激化、新規サービスが相次いで参入

  「ラクパ」は、インターネットを通じて、ビルや住宅のオーナーには保有する空き駐車場を気軽に貸し出せるようにし、ドライバーには空き駐車場を事前予約できるようにするサービス。利用者はパソコン、スマートフォンのウェブサイト、およびスマートフォンアプリから楽天会員IDでサービスの利用が可能だ。決済はクレジットカードに加えて楽天スーパーポイントでも行え、利用金額に応じて「楽天スーパーポイント」を貯めることもできる。

 運転者にとっては、出発前に駐車場の予約が可能のため、安心して目的地へ向かうことができ、駐車場オーナーにとっては、初期費用や月々の管理費用が不要、かつ簡単な登録作業のみで空き駐車場を一日単位で貸し出せるため、気軽に遊休資産の有効活用ができる。

 サービス開始時は、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の駐車場数は約1,000台が利用可能。エリアは今後順次拡大予定としている。