いずれ人類が降り立つことに…?

NASAが予告していた、太陽系外惑星に関する重大発表会見では、地球から39光年先に輝く赤色矮星「TRAPPIST-1」の周りを、なんと7個もの地球に似た惑星が周回していると明らかにされました。すでに昨年の時点で、TRAPPIST-1の周りには、3個の地球型の惑星が存在していると発表され、大いに世界を沸かせましたが、さらなる劇的な進展があったということですよね。

昨年の発見以後も、天文学者たちはTRAPPIST-1の観測を続けてきました。とりわけ、NASAのスピッツァー宇宙望遠鏡や、ヨーロッパ南天天文台(ESO)の超大型望遠鏡による観測を進めた結果、新たに4個もの地球型の惑星が次々と見つかったとのことですよ。

1つの恒星の周囲を、この種の惑星が、これほどの数で周回していることが発見されたのは初めてのことだ。

昨年の発見から、現在にいたるまで、TRAPPIST-1の観測に携わってきた、ベルギーのリエージュ大学の天文学者、Michael Gillon氏は、今回の発表でこのようにコメントしています。7個の惑星は、互いに近距離に存在しており、そのうち6個は地表面が岩石で覆われて、地球上と似たような気温になっている可能性が高いんだとか。また、3個の惑星には、液体の水が存在している可能性が高く、それゆえに生命が存在する可能性を否定できないとまで発表されていますね!


本当に生命は存在する? 地球から移住は? NASAの新発見した7惑星を分析2


今回の新発表の意義について、コーネル大学のカール・セーガン惑星研究所長のLisa Kaltenegger氏に尋ねてみました。地球外生命体の探索に、1つの恒星の周囲で、ハビタブルゾーンに複数の惑星が発見される意義は、非常に大きいそうです。液体としての水の存在の可能性もある、地表面が岩石で覆われた惑星が、ハビタブルゾーンに3個も存在していることだけをとっても、これまでに類を見ない重大発見だと評されていますよ。

ただし、これがいきなり宇宙人の発見につながるのかということに関しては、Kaltenegger氏は、やや懐疑的な意見も述べています。たとえば、TRAPPIST-1から降り注ぐ強い紫外線のせいで、惑星がオゾン層で覆われていなければ、地表面は不毛の地にしかならないとのことですね。もしオゾン層がないのであれば、地下に潜って生命が存在していたり、海水中に存在しつつ、紫外線のダメージから身を守る術を身につけた生命体がないとはいえません。

さらに、将来的に地球からの移住可能になるのかどうかに関しても、まだまだ調べなければならないことが山積みでしょう。地球からの距離という観点からは、わずか4.22光年先に輝くプロキシマケンタウリ星の周囲にあるとされる、ハビタブルゾーンの岩石惑星のほうが現実味を帯びています。しかしながら、いざ何光年も旅を続けて、地球に似た惑星の候補が少ないよりは、TRAPPIST-1のように、周囲に複数個の生命の存在を可能にしてくれそうな惑星を有するターゲットのほうが、より探査価値があると考えることもできるかもしれませんね。



なお、NASAは来年、ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡を打ち上げ、さらなる詳細な調査を進める方針も明らかにしています。今回の衝撃を上回る驚きの新発見だってあるやもしれませんよ〜。

・最も近くにある地球に似た惑星「プロキシマb」は、まるごと海である可能性が浮上

images by NASA/JPL-Caltech
source: Nature, Facebook

Rae Paoletta - Gizmodo US[原文]
(湯木進悟)