自由な関係が魅力?「友達以上恋人未満」のメリット7つ

写真拡大

最近よく若い人の間で話題に上がる「友達以上恋人未満」。
皆さんはこの意味をご存知ですか?

また、最近はこの関係を続ける方が増えてきているようです。
なぜでしょうか?

今回は「友達以上恋人未満」の意味と、そのメリットについてご紹介します。

●「友達以上恋人未満」の意味

「友達以上恋人未満」とは、その言葉の通り、友達以上の関係だけど恋人ではない関係のことです。

二人きりでお出かけをするのもしばしばであったり、お互いにメールやラインで頻繁に連絡を取りあっているのですが、お互いが恋人として認識はしていないのです。

●「友達」と「友達以上」の境目は?

全ての男女間の関係は様々で、一概に決まっているわけではないためはっきりとは言えませんが、一例として、友達と友達以上の違いを紹介します。

●(1)相手のことを信頼していて、気兼ねなく相談事ができる

相手のことを信頼しているということは一つのポイントだと言えます。

例えば友人にできない相談事や悩みを打ち明けられるということが、友達以上であるといえるでしょう。

●(2)二人きりで旅行やお出かけができる

異性と二人きりで旅行やお出かけができるというのはハードルが高いです。
そのため、これができるのは友達以上であるといえます。

●(3)寂しい心や欲求を満たす関係である

これは必ずしも当てはまるわけではありませんが、寂しさや自身の欲求を満たすために、ハグやキスをしたり大人の関係になるのも友達以上といえます。

●「恋人」と「恋人未満」の境目は?

次に恋人と恋人未満の違いについて説明します。

●(1)お互いに好きであることが認識できていない

お互いに好きであることがわかっていない、あるいは自分自身は好きだけど、相手が好きかはわからないような状態は、恋人未満であるといえます。

●(2)自分がやりたいことを相手のために我慢できない

当然、恋人同士になると人付き合いも制限されていきます。
また、自由に遊べなくなることも事実です。
これについて相手のことを一番に考え、我慢できないと恋人になるのは難しいでしょう。

----------

このように友達や恋人の中間のような関係ですが、周りから見れば早く恋人になれば良いのにと言われます。
しかし、当人たちは相手との関係が変わるのが怖かったり、 あるいは恋愛自体をめんどくさい と感じるなど様々な理由があり、恋人にはなりたくないことから、この関係を続ける人が多いようです。

●「友達以上恋人未満」のメリット7つ

これから「友達以上恋人未満」という関係のメリットをご紹介します。

●(1)恋人という束縛された状況から解放され、自由な付き合いができる

『彼氏彼女の関係になってしまうと、本気で付き合わなきゃいけないプレッシャーがあるけど、友達以上恋人未満なら自由な感じで付き合えて楽』(25歳男性/会社員)

恋人でいると例えば友人と遊んでいるときも相手のことが気になります。
また、異性と自由に出かけるなんてもってのほかです。

しかし、「友達以上恋人未満」の関係であれば、自由な人付き合いをすることができます。

●(2)告白の必要がなく、今の関係を維持できる

『告白してもし失敗したら、それまでの関係でいられなくなる。それが怖いからこのままでいいって思ってしまいます』(27歳女性/事務)

恋人になるということは、当然どちらかが告白をして、それに相手が合意しなくてはなりません。
しかし、告白に失敗してしまうとその関係は崩れてしまい、気まずくなる ことも多いです。

「友達以上恋人未満」であれば、告白はしなくて良いので、その心配がありません。

●(3)付き合う前のドキドキ感をずっと保ち続けることができる