ヴィン・ディーゼル演じるザンダーの右腕アデルを演じるルビー・ローズ/[c]2016 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED. ​

写真拡大

ヴィン・ディーゼルが極秘エージェント“トリプルX”ことザンダー・ケイジを演じる人気シリーズの最新作『トリプルX:再起動』(2月24日公開)。エクストリームスポーツを応用したヤバすぎアクションが炸裂する本作は、キャラクターの個性も超ヤバい!なかでも目を引く全身タトゥーまみれ&緑色のヘアーの美女の正体とは…!?

【写真を見る】全身タトゥーまみれ!お騒がせ美女モデルの正体とは?/[c]2016 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED. ​

気になるその美女の正体は、有名ファッション誌の表紙を飾るなどモデルとして活躍しているルビー・ローズ。全身に掘られたタトゥーはもちろんのこと、レズビアンであることを公表するなど、これまでに幾度も世間をにぎわし、お騒がせモデルとして知られている。

ローズは、Netflixのドラマ「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」の中性的な受刑者・ステラ役でブレイク。以後『バイオハザード:ザ・ファイナル』(公開中)や『ジョン・ウィック:チャプター2(仮題)』(7月7日公開)など、話題作への出演が続き、女優としても注目の的となっている。

本作で『トリプルX:再起動』でローズが演じるのは、主人公・ザンダーの右腕であり、凄腕スナイパーのアデル。木にぶら下がりながらでも遠く離れた敵を確実に仕留めるスナイピング能力を持ち、性格もとにかくクールだが、彼女の端正な顔つきとも相まってかなりのハマり役となっている。

華麗なガンアクションを披露し、中性的な魅力を存分に発揮しているローズ。彼女のカッコよすぎる姿には男女とも虜になること間違いなしだ!【トライワークス】