プロはやらない!すぐ崩れちゃう「NGベースメイク法」

写真拡大

朝のお出かけ前にしっかりメイクしたのに、昼前後になるとどうしても崩れてきている……そんな方少なくないのでは?

1度メイクをしたら、その仕上がりをなるべく長い時間保たせるために、押さえてほしいポイントの中でも、意外とできていない方が多いと感じるベースメイクハウツーがあります。

そこで今回は、メイクアップアーティストであり美容家の筆者が、プロはやらない崩れやすいNGベースメイクについて解説していきます。

 

すぐ崩れちゃうのは「メイク前」にあるかも!?

長時間、美しいメイクをキープさせるには、メイクを丁寧にやればいいのでは? と思いがちですが、たしかにそれも必要ではありますが、長時間キープの秘訣はメイクを始める前に隠されています。

それは、メイクの土台となる「スキンケア」です。朝は時間がないからといって、チャチャッとスキンケアを済ませてはいませんか? 実は、十分でないスキンケアは、メイク崩れの大きな原因になるのです。

その理由は、肌にきちんと化粧水などの水分が浸透しきれておらず、肌表面だけ潤った状態でメイクをすると、肌内部はまだ乾燥状態。そのため、時が経過するとともに、乾燥している肌が潤そうと皮脂を分泌させます。

そのため、その皮脂とメイクが混ざり合って、結果メイクが崩れてしまうということに。それを防ぐためには、化粧水をただ表面だけに塗るのではなく、肌の奥になじませるようにしっかりとつけましょう。

そして、美容液や乳液でしっかりと整えることが、美しいメイクを長時間キープさせるための第1ステップですので、これができていなければ、お話になりません。

「薄くムラなく」を徹底

日焼け止めやメイク下地を使う際、まんべんなく塗ることは当然ですが、量を多めに塗るとより効果的なのでは? と思っている方も……。

実は、それはNG! 日焼け止めもメイク下地も、たっぷり塗ったら、より作用が高まるかといったら答えはNO。厚塗りをすればするほど、メイク崩れのリスクが高まります。

まんべんなく塗ることはマストですが、どちらのアイテムも適量を“薄くムラなく”塗ることが必要不可欠です。これは、日焼け止めやメイク下地に限らず、ファンデーションにも共通していえることです。

例えばリキッドファンデーションなどの油分の多くカバー力が高いファンデーションを使う場合は、特に、最初から多量を塗るのではなく、少量を薄くなじませてからしっかりとスポンジで叩いて肌になじませます。

そこで、まだカバーしたい部分がある場合、部分的に少量ずつ重ねていくという作業を繰り返します。

「時短」ということを考えると、どうしてもいっぺんにザザッと塗って次に……と考えがちですが、ベースメイクは、肌にしっかりと密着していないと意味がありません。

そう、つまり、ベースメイクの仕上がりが、美しいメイクを長時間キープすることにつながるといっても過言ではないのです。

メイク崩れしやすい部分は「パウダー多め」で

目元や口元、Tゾーンなど、人によって崩れやすい部分は異なりますが、ご自身のいつもメイク崩れしやすい部分は、把握されているかと思います。

リキッドファンデーションやクリームファンデーションを使用したあとは、フェイスパウダーを使用して整えますが、そのパウダーは、使う量が多すぎても少なくても美しさを損ないます。

たとえば、いくら今“マット肌”に流行の兆しがあったとしても、多量にパウダーを使用することで、マットな度合いが高くなってしまうと、老けて見える原因に……。

かといって、パウダーの量が適量よりも少なければ、油分の高いファンデーションを使用しているので、メイク崩れを早めてしまう原因になりかねません。

そのため、パウダーは、崩れやすい部分からつけていくことがマストです。たとえば、コンシーラーなどでカバーをすることの多い目元は、まばたきも多いことからメイク崩れの可能性は非常に高い部分。

ですから、そういった崩れやすい部分から優先的にパウダーをつけていきましょう。

これらをしっかり丁寧におこなうことで、メイク直しをするとしても、お昼前後に1回、テカった部分をティッシュオフする程度で済みますよ!

筆者は、撮影のときもこの工程でしっかりベースメイクを施すことで、強いライティングにも負けないメイクに仕上げます。みなさまも、ぜひお試しになてみてはいかがでしょう。

【画像】

※ Nina Buday / shutterstock

【筆者略歴】

黒木絵里

外資系化粧品メーカー2社を経て独立。現在「Eri Kuroki Make-up solution」代表として人材育成やメイクセミナー、コスメ・メイク監修などの美容コンサルティング業務をおこなっている。