山田孝之『ジョジョ』アンジェロのビジュアルついに解禁!史上最低の殺人鬼に

写真拡大

山賢人主演で、8月4日(金)に公開される映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』。この度、山田孝之演じる血も涙もない最狂の凶悪犯・アンジェロ(片桐安十郎)のビジュアルが解禁となった。

荒木飛呂彦原作のコミック『ジョジョの奇妙な冒険』は、19世紀末のイギリスを舞台にした第1部から始まる“ジョースター家”の代々の戦いを描く大河ストーリー。今回映画化されるのは、原作の第4部にあたる『ダイヤモンドは砕けない』だ。山が主人公・東方仗助を演じるほか、神木隆之介、小松菜奈、岡田将生、真剣佑、観月ありさ、國村隼、伊勢谷友介と、最旬の若手俳優だけでなく、実力派俳優陣が結集している。

山田演じるアンジェロは、町の平和を脅かす殺人犯。犯行の邪魔をした仗助を破滅させようと目を光らせている非常に危険な人物だ。今回解禁された画像では、町で見かけたら思わず避けてしまいたくなるような不気味な笑みを浮かべて振り向くアンジェロの姿を確認することができる。

昨年9月に行われた本作のプロジェクト発表記者会見で、「アンジェロは史上最低の殺人鬼で、割と(自分の)素に近いと思います。なので、リラックスしてやれると思います(笑)」と冗談を交えてコメントしていた山田。また、「僕はこういった役なので変わらずに、夜道を歩く時は誰かを狙います(笑)。本当にはしないですが、精神的に狙います(笑)」とアピールしていた。様々な役を演じ分け、演技力の高さからカメレオン俳優とも呼ばれる山田が、今回どのような顔を見せるのか期待が高まる。