By George Thomas

AppleとGoogleが2017年2月のiOSおよびAndroidのバージョン別シェアを公開しました。iOS史上最大のアップデートと言われる「iOS 10」のシェアと比べると、Androidの最新版である「Android 7.0/7.1 Nougat」のシェアはかなり小さいと言える状況です。

App Store - Support - Apple Developer

https://developer.apple.com/support/app-store/

Dashboards | Android Developers

https://developer.android.com/about/dashboards/index.html

AppleがApp Storeでのデータから計測したバージョン別のシェアは最新版の「iOS 10」が79%、「iOS 9」が16%、「iOS 8以前」のバージョンが5%となっており、ユーザー全体の約8割が2016年9月14日にリリースされた最新版のiOS 10を利用していることがわかりました。なお、2016年10月25日に公開された「iOS 10.1」では「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」でApple Payが使えるようになり、12月12日にリリースされた「iOS 10.2」ではスクリーンショットの無音化などの新機能が加わりました。また、最新となる「iOS 10.3」はパブリックベータ3が公開されています。



Androidのバージョン別シェアは以下の通り。最もシェアが高いのは「Android 5.0/5.1 Lollipop」で32.9%。次に「Android 6.0 Marshmallow」が30.7%で続いています。最新版となる「Android 7.0/7.1 Nougat」は1.2%で、「Android 2.3.3〜2.3.7 Gingerbread」や「Android 4.0.3〜4.0.4 Ice Cream Sandwitch」の1%をかろうじて上回るという結果になりました。



バージョン別シェアを円グラフで表すと以下のとおり。円グラフを見ると、「Android 5.0/5.1 Lollipop」「Android 6.0 Marshmallow」「Android 4.4 KitKat」が全体の8割近くを占めているのがわかります。最新版の「Android 7.0/7.1 Nougat」はシェアを伸ばしているとのことですが、全体からみるとほんのわずかです。