初めて5人で映画イベントに登場したX JAPAN

写真拡大

米アカデミー賞で長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』(12)の製作陣が、ロックバンド・X JAPANの真実に迫った映画『WE ARE X』(3月3日公開)。本作の完成披露ジャパンプレミアが2月23日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、X JAPANのYOSHIKI、Toshl、PATA 、HEATH、SUGIZOが揃って登壇した。

【写真を見る】紅カーペットに登場したAKB48の渡辺麻友、山本彩、柏木由紀、横山由依、宮脇咲良。ほか豪華ゲストの写真はこちら

プレミアイベントの会場は、X JAPANのロゴである「X」の文字のモニュメントと、バンドの代表曲「紅」に掛かった“紅”(=レッド)カーペットが敷かれた特別仕様。映画イベントでのメンバー全員の登場・舞台挨拶はX JAPAN史上初ということもあり、大勢のファンが六本木ヒルズに詰めかけた。

そして紅カーペットには、アイドルやモデルなど豪華ゲストが登壇。約50名の著名人らが登場するたびに、大きな歓声が上がった。そして最後にX JAPANの5人が満を持して登場。YOSHIKIらが笑顔で手を振り応えると、「WE ARE X」コールが自然に沸き起こる盛り上がりを見せた。【取材・文/Movie Walker】