商務部(商務省)の高虎城部長は21日に国務院新聞弁公室で行われた記者会見で、「『外資の(中国からの)撤退ラッシュ』という言い方について、自分は偏った見方だと考えている」と述べた。人民日報が伝えた。

高部長は、「国際的な経験で考えても、中国の実際の状況を踏まえても、すべての国の外貨資金は、経済発展の水準や産業構造の変化に合わせて出たり入ったりするものだ。ここ数年、一部の産業では確かに資金が流出したが、これと同時に多くの先端産業が中国市場に集まるようにもなった。これは資源配置の中で市場が決定的役割を果たしてきたことの結果だといえる」と述べた。

高部長は外部で取りざたされる「1月の外資導入額が減少した現象」について、「これは主に比較の対象となる数字と春節(旧正月、今年は1月28日)大型連休などの要因の影響によるものだ。1月単月のデータだけで中国の外資導入額の大きな流れを判断することはできない。昨年には世界の海外直接投資が大幅に減少する中で、中国の実行ベース外資導入額はドル換算で約1260億ドル(1ドルは約113.1円)、人民元で8132億元(1元は16.4円)に達し、前年同月比4.1%増加した。このうち医薬品製造業の外資導入額は同55.8%増加し、医療設備分野は同95%増加し、ハイテクサービス産業は同86.1%増加した」と説明した。

また高部長は、「外資導入は対外開放という中国の基本的国策における重要点だ。2017年には3つの点から外資導入の取り組みを強化する。1つ目は外資の参入制限を引き続き削減し、中部、西部、東北地方により多く外資が投入されるよう奨励することだ。2つ目は投資の円滑化推進に力を入れ、全国規模で経営許可証と営業許可証の分離、複数の計画の一体化、ハイレベル人材の呼び込みといった自由貿易区の経験・方法のコピーと普及拡大を加速させることだ。3つ目は平等で透明性が高く予測可能なビジネス環境を創出し、外資系企業の内国民待遇を全面的に実施し、国内資本企業と外資系企業との公平な競争を確保することだ」と強調した。

高部長は、「私は、中国経済が絶えず発展するのに伴って、市場経済体制がより整い、中国は今後も世界で最も競争力と吸引力をもった投資先であり続けるだろうと確信する」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集KS)