松井知事は否定も、清水健アナはやっぱり維新から出馬する!? 読売テレビ社員も一緒に退社し選挙サポート説も

写真拡大

 やはり、案の定、というべきだろう。大阪維新の会が今秋に行われる大阪府の堺市長選挙に、今年1月末で読売テレビを退社した元アナウンサー、「シミケン」こと清水健氏(40)を擁立する方針を固めたと23日、朝日新聞をはじめ数紙が報じた。3月には最終決定し、その後、正式に出馬要請の流れになる見込みだという。この報道に対し、本人と、大阪維新の会代表の松井一郎知事は揃って否定しているが、清水氏の退社が報じられた昨年末に本サイトが掲載した記事が現実に近づいているわけだ。

 経緯を振り返っておく。夕方の情報ニュース番組『かんさい情報ネットten.』のメインキャスターを5年以上務め、主婦層を中心に絶大な人気を誇った清水氏は、同局の看板アナウンサーであると同時に、妻を癌で失い、幼い子どもを男手で育てるイクメンとしても知られていた。番組スタッフだったスタイリストの女性と結婚してまもなく、妊娠と乳癌が相次いで発覚。妻の闘病と妊娠生活を献身的に支えたが、妻は無事出産を終え、母親になってわずか112日、29歳の若さで息を引き取った。清水氏は、その体験を綴った手記『112日間のママ』(小学館)を出版。癌撲滅や難病対策に取り組む「一般社団法人清水健基金」を設立し、テレビの仕事の合間に講演やイベント出演などの活動を行ってきた。

 番組降板と退社も、その活動に専念することと妻が遺した一人息子の育児のためだと12月末の会見では説明し、「心も身体もいっぱいいっぱい」「息子の前で心から笑えていない自分がいるな」などと語っていた。前回2013年の堺市長選で維新から出馬要請を受けたこともあり、記者たちに出馬や政界転身の可能性を重ねて問われたが、「今は基金のことで頭がいっぱい。行政に活かすことは考えていない。まったくないです」とはっきり否定した。記者たちに詰め寄られた清水氏は泣き出したとの話もある。

 それから約1カ月後、最後の番組出演となった今年1月27日、清水氏はキャスター席を離れる感慨をこう視聴者に語りかけている。

「(妻の闘病などで)多くのご心配をおかけしました。みなさまからのお手紙やメッセージにどれだけ救われたか......。僕だけじゃないんです。いま現在、多くの方々がいろんなことと闘って必死に前を向こうとしていらっしゃいます。僕はそういう方々にちょっとの力かもしれませんけども、エールを送れる一人の男でありたい」
「これからもみなさんと一緒に、僕は前を向いていきたいと思っています。この席に座らせていただいた時間、すべてが、僕の、宝、物です」

 そんなポエム調の挨拶にかぶせて、番組のエンディングテーマ「走れシミケン」(円広志)を流すお涙頂戴の演出。清水氏の降板に合わせて、番組は「シミケン卒業ウィーク」と銘打ち、大々的に彼の花道をつくっていた。過去の現場取材映像やインタビューをする様子、マラソンを走る姿、交流があるコブクロからのメッセージなどを次々と流し、到底ニュース番組とは思えない一局アナの"卒業ショー"に仕立て上げていたのである。

 この茶番ともいうべき降板・退社劇以降も清水氏は一貫して出馬を否定し、今回の報道に対しても「維新の会からそういう話は全く聞いていません」と毎日新聞にコメントしている。松井知事も「がん撲滅の活動を一生懸命にしておられ、ご本人も講演と子育てで多忙と聞いている」「全くありません。政治的オファーは一切しておりません」と全否定した。

 しかし、大阪の政界関係者や民放関係者からは「出馬は確実」という話が次々と漏れ伝わってくるのだ。

「清水氏は、退社を発表した昨年末、堺市内の飲食店経営者のもとに『来年はよろしくお願いします』と電話で挨拶をしている。維新の議員に連れられて彼がよく顔を出す店なのですが、その経営者は『いまは事情があって言えないけど、彼は必ず出る』と言っています。『橋下さんから、ギリギリまで出馬は隠せと言われている』とも」

 と話すのは、大阪の政界関係者である。また、在阪民放局の関係者は、清水氏の退社に合わせるように読売テレビ関係者が相次いで退社したことを証言する。

「長くマーケティングの仕事、つまり視聴率のリサーチなどを担当してきた30代後半の男性社員がやはり1月末で辞めたそうなんですが、退社後について一切言わない。ここへ来て、局内で出てきた噂が清水氏の選挙参謀をするらしい、と。テレビ局の高収入をなげうって、地方の一首長の選挙スタッフなんて割が合わない気もしますが、頭のいい人らしいので、その後の計算もできているんだろうとささやかれています。
 また、清水氏がキャスターを務めた『ten』の派遣ディレクターのなかにも、彼を手伝うということで辞めた人がいるそうです。まあ、派遣ディレクターなんて、正社員と違ってひどい扱いですから、どうでもいいんでしょうが」

 堺市長選の候補者選定は、同市出身の日本維新の会幹事長、馬場伸幸氏に一任されている。その馬場氏周りではこの1カ月、別の維新議員の名前が飛び交ったり、「誰も決まらなければ馬場氏自身が出馬も」といった噂が出ては消えしている。しかし、これらも完全に目くらましの陽動作戦だという見方がもっぱらだ。

 それを裏付けるように、維新関係者からも意味ありげな発信が続く。橋下徹・前大阪市長肝煎りの区長公募で天王寺区長を務めた(そして、橋下氏の引退と同時に辞任した)水谷翔太氏は今月初め、長谷川豊氏が衆院選で維新から出馬することが明らかになると、フェイスブックに〈次は堺市長選挙にアナウンサーシミケン擁立。いろいろありますがほぼ確定すね〉と書いていた。この投稿は現在、閲覧不能になっているが、今回の報道を受けて再びこう投稿している。

〈ほらね。無所属推薦だと思ってたけど公認で出すのかな。圧勝は決まってるからどちらでも良いんだろう。大阪はもうこんな感じだな〉

 また、橋下氏後継の吉村洋文・大阪市長は「最終的には松井代表が決めること。僕が話すことではない」と断りつつも、清水氏について「非常に人柄がよく、芯の強い方という印象。(中略)人格的にも優れている。それでいて、社会に対しても熱い思いをもっておられる」と、今日の定例会見で絶賛している。

 本人がいくら否定し、知らぬ存ぜぬを決め込もうと、維新サイドや読売テレビ周りでは、隠し切れない動きや発言が続々と出ているのだ。別の在阪メディア関係者は苦笑する。

「まあ、かつて『2万%あり得ない』と言い切ったのをあっさりひっくり返して府知事選に出馬し、それでも圧勝した橋下氏の党ですから、事前に偽情報を流して世の中を欺くなんてことは当たり前なんでしょう。それの何が悪い?ぐらいの感覚やないですか。清水氏はギリギリまで『出馬は全くない。基金の活動と育児に専念する』と言い続け、時期が来たら、維新の熱心なオファーに心動かされ、やむなく出馬......という絵でも描くんでしょう。彼がSNSにしょっちゅう書いている『想いにこたえたい』みたいな、何を言ってるのかわからないポエム表現で」

 自己陶酔のポエムをSNSに綴るのは結構だが、嘘はやめたほうがいい。実際、今日の報道を受けて、ツイッターなどでは「退社理由は噓だったのか。がっかりした」「妻の死と子供のことを利用したのか」といった声が多々上がっている。清水氏が本当に「噓つき」にならないためには、維新の出馬要請をきっぱり断るしかないだろう。
(編集部)