(C)Jacek Drygata

写真拡大

 第65回ベルリン国際映画祭で監督賞となる銀熊賞を受賞した映画『BODY(原題)』が、『君はひとりじゃない』の邦題で7月22日に公開されることが決定した。

参考:榮倉奈々の真骨頂は“泣きの演技”にアリ! 『東京タラレバ娘』後半への期待

 本作は、ポーランドの女性監督マウゴジャタ・シュモフスカが手がけたヒューマンドラマ。母の死によって引き裂かれた娘と検察官の父親が、セラピストによるリハビリによって“再生”していく姿を描く。娘役のユシテイナ・スヴァワはシュモウスカ監督がFacebookから見出し、本作が映画デビュー作となった。

 ベルリン国際映画際での銀熊賞をはじめ、ポーランドのアカデミー賞であるイーグル賞では主要4部門(作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞)を受賞している。日本では、第28回東京国際映画祭とポーランド映画祭2016で上映が行われた。(リアルサウンド編集部)