“肉の芸術品”と呼ばれる松坂牛や、口にする機会の少ない貴重なドライエイジングビーフなどを使ったスペシャルな肉料理が楽しめる5日間

写真拡大

東京ベイ舞浜ホテルは、日本三大和牛の1つである松阪牛や神戸ビーフといったブランド牛、ドライエイジングを施した牛モモ肉、豚ロースなど、素材選びから調理法まで肉の旨味にこだわった肉料理が4000円で堪能できる「舞浜ブッチャーフェスティバル」を3月1日(水)から5日(日)まで開催する。

【写真を見る】日本三大和牛の1つ“松坂牛”を使った「松阪牛100%のハンバーグステーキ(180g)」

期間中は、「松坂牛 100%のハンバーグステーキ(180g)」をはじめとする8種類のメインディッシュから好きな肉料理を1つチョイス。オードブルやデザートもビュッフェスタイルで楽しめる他、1000円から2500円の追加料金を払うと「三重県産松坂牛もも肉A5ランクのポワレ(150g)」を含む6種類からさらに1つを選ぶことができる特別メニューも登場する。

“肉の芸術品”と呼ばれる松坂牛や、口にする機会の少ない貴重なドライエイジングビーフなどを使ったスペシャルな肉料理が楽しめる5日間。肉好きにはたまらないイベントになりそうだ。【東京ウォーカー】