休日は家族よりも友達優先?結婚後にわかる“友達の多い男”の落とし穴

写真拡大

理想の男性のタイプ、と聞かれると『友達が多い男性』と答える人も多いですよね。

人に好かれる性格、優しい、人気者、頼り甲斐があるなど、友達が多いことは“いい人”の証明になりそうなものです。
しかし、実際に交際を続けたり結婚したりしてから、その“いい人”な性格に苦労してしまうことも。

今回は、決して“いい人”だけでは済まされない、友達が多い男性に気をつけたいリスク についてお話をします。

●友達が多い男性は“いい人”であるのか

人は自分と違う価値観や考えの人を無意識に避けてしまうことがあり、友達付き合いが下手な人や難しい考えの持ち主ほど他人を受け入れにくくなります。
しかし、友達が多いということはそれだけたくさんの人を受け入れ、違った考えの人とも仲良くできるなど、柔軟な考えや心が広い人 と考えることができるでしょう。

そういう意味では、友達が多い男の人は“いい人” であると言えそうです。

●友達が多い男の定番デメリット

友達が多いことは好かれる人であるということ。
しかし、いくら友達が多く交友関係が広いといえど、必ずしも彼女にとって“いい人”であるとは限らない ことも。
本当に頼られているのならいいですが、このように下心を持っている彼の場合に気をつけたいのは、周りにいい顔ばかりして彼女を犠牲にしてしまう ということ。

嫌われたくないという感情や、人気者でいたい、人の輪の中にいないと不安などという理由から交友関係を広げているタイプの男性は、たとえ彼女との約束があっても男友達から連絡があればそちらを優先してしまうなどの恐れが。
他にも、断れずに頼まれごとを断れずに安請け合いしたり、お財布がピンチの時でも男友達との遊びにお金を使ってしまうなど、とにかく男友達優先 になってしまうことが、友達が多い男の特徴的なデメリットではないでしょうか。

●結婚後に苦労する!社交的な男性に潜む見逃しやすいリスクとは

「男友達の中でいい顔をしてしまう程度なら許せる」という人も多いでしょう。

しかしこういった男性は、結婚後に夫婦間の大きな問題となる ことも。
今回、交友関係が広い夫を持つ既婚者女性に、友達が多い夫で困ったエピソードを伺ってみました。

『夫の実家に帰省した時、私を実家に残して同窓会に出かけてしまった』(30歳/主婦)

『平日夜中まで働く夫。休日は友達から連絡が来たらすぐ出かけてまうし、小さい子どもがいるのに夜に家に人を呼ぶ』(28歳・アルバイト)

付き合っている間はそれぞれの生活がありますが、結婚すれば家族となり生活を共にするため、自分の都合だけで動いてもらっては困る時も出てきます。

けれど、周りによく見られたい と思う性格の彼は男友達を最優先することが正しいと思っている“いい人”。
悪気はないですが、このことで彼女や奥さんがどれだけ辛い思いをしているかに気づくことが難しいのです。

「お前も出かけていいよ」なんて優しい言葉をかける夫もいますが、家事や育児で簡単に外に出ることのできない妻にとって、実行に移すことはとても難しいこと。

その違いをなかなか理解できないのが、このタイプの特徴でもあります。

●SNSに「俺頑張ってるアピール」。“いい人”になりたい男にムカムカ!

特に結婚後、“いい人”な男の落とし穴と言えるのがSNSへの“俺頑張ってます”アピールです。

『普段は育児を全く手伝わないのに、ごく稀に子どもと近所に出かけた姿をSNSに投稿して“イクメン”をアピールしていた』(32歳/保険事務)

『妻の実家に帰った時だけ育児や家事に積極的になる』(33歳/自営業)
そう、“いい人”な男性は、ときに“外面のいい人” になってしまうこともあるのです。

結婚前はさほど気にならなかった部分は、結婚後に必ず見えてくるもの。
そして堪え難いイライラの原因になることも。

----------

友達が多いことは、必ずしも“彼氏”や“夫”としていい人かどうかは別物。
冷静に彼の行動を分析してみてくださいね。

●ライター/コマツマヨ(オンナのお悩み専門ライター)